« バレンタインデー。 | トップページ | スローハンドと呼ばれた男(1) »

2006年2月10日 (金)

三十路を過ぎて。

気持ちはいつも二十三歳ぐらいなのです。でも、現実として確実に年を取っています。いつまでも若さにしがみついていられないことを体感するのです。
美輪明宏さんの著書に、とても励まされる文章を見つけたので紹介しておきます。

若さは一瞬のものです。本当に考えなくてはいけないのは、オバサンになってからの時間のほうが長いということ。そして、それをどう美しく生きていくか。人間は骨董品のタンスと同じ。手間暇かけて作られたものは時間を経ても愛され続けるのです。自分を磨く時間を惜しんではいけません。

「自分を磨く」と言うことは、つまり、自分を向上させると言うことでしょうか。外見のそれより、内面の美しさを追求していきたいものです。

|

« バレンタインデー。 | トップページ | スローハンドと呼ばれた男(1) »

コメント

はじめまして。
私も気持は25歳ぐらいです。。。
私より、10以上年上の素敵な女性(私のあこがれの)も、同じ事を言っていました。気持は25歳。。。
きっと、大人になるってそういうこと。
歳なんて自分の中では止まってしまう。
だから、内面を美しくありたいと願います。

まだまだ修行がたりませんが。(汗;)
お互いがんばりましょうね(^^)v

投稿: わさび | 2006年2月10日 (金) 23:24

こんばんわ。初めまして。
私は25歳ですが、まだまだやりたいこととかいっぱいで。
結婚とか、女だから、一応考えるけど、
今は、無理っていうか・・・まわりに流されてるのかなーと思ったりもするんですけど。流されない!って思っても、
流そうとしてくる人もいるわけで・・・(母)
でも、何歳になっても、自分磨きとか、自分のためにがんばるってすてきだと思いますよね。自分を大切にしていれば、
自分を大切にしてくれる人が現れるのかなーっておもいます。

投稿: あにき | 2006年2月10日 (金) 23:51

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三十路を過ぎて。:

« バレンタインデー。 | トップページ | スローハンドと呼ばれた男(1) »