« 甘党。 | トップページ | 語学修得のヒント »

2006年4月18日 (火)

墓石ディレクター。

友人のK美さんは保育士をしています。短大の保育科を卒業している彼女には、保育士という資格があるのでその専門性を活かせることがうらやましくて仕方がありませんでした。
私には資格らしい資格もなく、せいぜい社会人になってから介護ヘルパー2級を取得したぐらいです。せっかく通信教育で10万円近くも支払って取得したものの、実際に老人施設で体験学習に参加すると、自分にはつくづく向いていないことを実感してしまいました。
「一体自分にはどんな職種が向いているんだろう?」
時を同じくしてK美さんも自分の保育士としての適合性に悩んだ時期がありました。専門職に就いてしまったことで、「つぶしがきかないのでは?」と焦りを覚え、どこから情報を得たのか「墓石ディレクター」なる資格についての話を小耳に挟んで来ました。
K美「ねぇ、墓石ディレクターの資格を取ってみない?」
私 「えっ!?それって何!?」
簡単に説明すると墓石ディレクター2級というのは、お墓についての幅広い知識とか教養を身につけている者かどうかを審査する資格とのこと。

その後、結局K美さんは保育士を続け、墓石ディレクターの資格取得は断念したようです。
でも最近K美さんは、
「お墓買ったんだけど、ローンがたいへ~ん!」
と言っていました。
やれやれです・・・

※ちなみに墓石ディレクターは、その関係の仕事に携わっている方のみに受験資格が与えられるそうです。

|

« 甘党。 | トップページ | 語学修得のヒント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墓石ディレクター。:

« 甘党。 | トップページ | 語学修得のヒント »