« 七転八起。 | トップページ | 草取り。 »

2006年4月28日 (金)

何かに追われて。

毎日が目まぐるしく過ぎてゆくのです。
朝、カーテン越しに射し込む日の光に目覚めた瞬間から戦闘態勢に入るのです。
何か余計なことを考えずに済むだけマシなのかもしれませんが、自分が自分でないような感覚に襲われることも少なくありません。
生活のために身を粉にして働くことはやむを得ないのですが、一日が終わって、疲れた体を引きずって立ち寄る場所と言えばミニストップ。
熟年の女性店員さんがとても感じが良くて、ついつい足を運んでしまいます。今の季節は「宇治抹茶ソフト」です。それをペロリと平らげてから帰路につくのです。
そんなにおいしい好物を食べた後でも、その余韻に浸ることすらなく、「帰ったらあれしなくちゃ」とか「これしなくちゃ」とか、もう次の用事を頭で整理する自分がいます。
いつも余裕のない私は、「自分」という得体の知れない厄介な生き物に振り回されっぱなしなのです。
幼いころは、もっと時間がゆっくりと過ぎていたような気がします。
同じ一日、24時間の繰り返しだというのに、大人になってからの時間はなんと早く過ぎてしまうことでしょう!?

|

« 七転八起。 | トップページ | 草取り。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かに追われて。:

« 七転八起。 | トップページ | 草取り。 »