« 清貧譚。 | トップページ | ミニステッパー。 »

2006年5月27日 (土)

テイク アウト。

今日は仕事が休みなので久しぶりに街まで出かけて来ました。
六月から衣替えなので、夏らしく涼しげなブラウスを買って来ました。
職場では制服を着ても良いし、私服でも構わないので、職場にも着て行けるあまり華美でないデザインにしておきました。
それからせっかくなので本屋さんにも寄りました。街の本屋さんは品揃えが違うので、店内を一周してゆっくりじっくり選んだところで2時間近くかかってしまいました。
目についたのは斉藤孝さんという静岡出身の国語教育の推進をしておられる方の著書で、店頭に山のように積まれていました。
NHKの子ども向けテレビ番組「にほんごであそぼ」の企画、監修をされているのでも有名です。ミリオンセラーなのは「声に出して読みたい日本語」、他に「身体感覚を取り戻す」「子どもたちはなぜキレるのか」などがあり、売れ筋のようです。
こうして本屋さんをブラブラしているだけでも、世間の人がどんなことに興味を持ち、何を求めているのかが分かるような気がします。

そうこうするうちに外はすっかり暗くなってしまい、小雨がパラパラ降り出しました。もうなんだか夕飯の食材を買い求めて家で調理するのが面倒になり、ジャンクフードで済ませてしまおうと思いました。
駅前のマックでトマトグリルチキンサンドのセットを注文しました。野菜が足りないと思ってガーデンサラダ(ごまドレッシング付き)も注文して、テイク アウトすることにしたのです。
電車に乗ってから気付いたのですが、なんとドリンク(グレープ)が入れ忘れられていたのです!
その時は「あ~あ、家のお茶で良しとするか。」と寛容的な気分だったのですが、いざ帰宅して空腹を満たそうとした矢先、ムクムクと怒りが湧き起こり「電話一本入れてクレームつけるぐらい消費者にも権利がある!」と思い立ったのです。(たかだかドリンクの1つぐらいで目くじら立てる必要もなかったのですが、やっぱりすきっ腹の時はイライラするものなんですね・・・)
そうしたところ、電話で駅前のマックから丁重な侘びを受け、我が家まで届けてくれるとまで言ってもらったのですが、結局それは辞退し、近所にもマックがあるのでそこまで私自身が足を運び、ドリンクを受け取ることにしました。
グレープはグレープでも私の頭の中ではビタミンたっぷりのグレープフルーツジュースを思い浮かべていたのに、出されたのは紫色をした炭酸のファンタグレープでした。こればっかりは自分の中での勘違いなので、クレームもつけられず、黙ってファンタグレープを受け取り、帰るしかありませんでした・・・

|

« 清貧譚。 | トップページ | ミニステッパー。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テイク アウト。:

« 清貧譚。 | トップページ | ミニステッパー。 »