« 尽くす女。 | トップページ | 天人唐草。 »

2006年6月26日 (月)

すみっこ生活。

友人のYさんが貸してくれた1冊の絵本に夢中になってしまいました。
Yさんはいつも巷で人気のある漫画や、逆にマニア向けの本など惜しみなく貸してくれる良き友人です。
パソコン初心者の私を量販店に連れて行ってくれて、目ぼしいパンフレットを探してくれたのも彼女です。
パソコン購入後は、ワード、エクセル入門、それにウィルス対策等のマニュアル本をごっそりと送ってくれて、それはそれは面倒見の良い、優しい人なのです。
そのYさんが貸してくれたのは「すみっこ生活」です。
これは、ソニー・マガジンズより発売しているこげぱんというキャラクター絵本シリーズの1冊です。たかはしみき原作の4コマ漫画で、「やさくれマンガ」というネーミングもちょっと興味を引きました。
2,3年前だったか、あるテレビ番組で小学生の間で知育書として「こげぱん」という絵本がブームになっているという放送を見ました。
その当時から気にはなっていたのですが、実際にこの本を手に取って読むというのは、この「すみっこ生活」が初めてなのです。
一体どんな内容なのだろうとページをめくると、そのキャラクターの愛らしさやおかしなエピソードがほのぼのと表現されていて、引き込まれる引き込まれる。

主人公のこげぱんは、十勝産小豆をあんこに使用したエリートアンパンだったが、店主がパン焼き釜から出す時に鉄板からパン焼き釜の中に落っことしてしまう。そのせいで焦げてしまい、ショックのあまり白目となり、性格も投げやりでしかも後ろ向きという、エリートからは程遠いこげぱんが誕生する。

リリー・フランキーの「おでんくん」などもそうですが、このように意思を持たないはずの食べ物が擬人化され、意思を持ち、豊かな感情表現の中に人間の本質に迫る作品が人気を博しています。
「すみっこ生活」の中で『自分をみつめる』というタイトルの4コマ漫画があります。主人公こげぱんのぼやきに似たものなのですが、オチがなかなか愉快なのです。

  1. 今日も相変わらずお買いあげされることなく終った・・・明日もあさってもこんな毎日だろう・・・
  2. これからもずっとこげてるこげてるといわれる人生で・・・どうせどうせと言い続けているのだろうか・・・
  3. (ふて寝。)
  4. (バク睡。)

これを貸してくれたYさんは、ずっと過去や置かれた状況にコンプレックスを感じ続けている私に、さりげなくエールを送ってくれたのかもしれません。

どんな辛いことでも寝て忘れてしまえ、と(笑)

|

« 尽くす女。 | トップページ | 天人唐草。 »

コメント

こんばんは。
リニューアルされたんですね♪
落ち着いていて、それでいてトレンドを感じさせる色と絵柄だと思います。
そして何より、相変わらず文章がお上手ですね。こちらにおじゃまするとホッとして、何だかうれしくなってきます。

しかしさんとう花さんも古い映画をご覧になるのですね。
僕も映画は好きで、結構古いのまで観ますが、さんとう花さんには脱帽です。
そうそう「眼下の敵」ってご存知ですか?いわゆる「総天然色」といわれた映画で、今度DVDでリバイバルしたみたいです。
僕は購入します(^^)v

とりとめもなく失礼を致しました。

投稿: ぱち | 2006年6月28日 (水) 22:42

パチニクさん、コメントどうもありがとうございます(^o^)
文章のことで、そんなお褒めの言葉を頂戴したのは初めてなので、とても嬉しいです☆
パチニクさんも映画好きとのこと。「眼下の敵」というのはまだ観たことがないんですよ。タイトルからしてスパイ映画でしょうか??ヒッチコックなどはあまり興味はありませんか?初期の作品は時代を感じさせるものもありますが、今観ても充分楽しめますよ!

投稿: さんとう花 | 2006年6月28日 (水) 23:18

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すみっこ生活。:

« 尽くす女。 | トップページ | 天人唐草。 »