« 砂の器。 | トップページ | お墓参り。 »

2006年7月 9日 (日)

ビートルズ博物図鑑。

伊豆高原のとある一角にオープンして間もないビートルズ博物図鑑に行って来ました。
伊豆高原は様々なアーティストの美術館や博物館が軒を連ね、格調の高い街並みになっています。そんな芸術の香りが漂う閑静な住宅街に、ビートルズ博物図鑑はあります。

ビートルズ(The Beatles)とは謂わずと知れたイギリス・リヴァプール出身の、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人から成るグループバンドです。
このビートルズの出現によって音楽の歴史は変えられたと言っても過言ではありません。
ビートルズ結成初期の頃は、アイドル・バンドとして熱狂的な人気を獲得するのですが、後期はビートルズ独自の音楽性を追求したバンドへと変革して行きます。
メンバーはビートルズの存在理由とは何かを突き詰めた際に、音楽を創作し、演奏することにあるのだと認識します。しかし、コンサート会場の内外ではファンがヒステリックに金切り声を上げるという現象が起こり、とてもまともにライブなどやっていられるような状態ではなくなってしまった為、ライブ活動を完全に停止します。
その後、レコーディングに専念し、1967年に発表されたのが「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」です。

このようなビートルズの歴史を詳細に解説して頂けるのもビートルズ博物図鑑の特徴とも言えます。館長である岡本備さんは、日本でも有数のビートルズコレクターでもあり、約2万点からのコレクションを一般公開しています。
ビートルズを熱く語る姿は、単なるマニア、コレクターの域を越えた「情熱」さえ感じられるのです。“All You Need Is Love”(愛こそはすべて)の精神に則り、人生をビートルズに捧げた人物なのかもしれません(笑)

開館は午前9時~午後6時までです。
熱海・伊東方面にお越しの際は、ぜひぜひ伊豆高原にまで足を運んでみて下さい。一見の価値はあります。
(今年はビートルズ来日40周年の年でもあります。)

|

« 砂の器。 | トップページ | お墓参り。 »

コメント

こんばんは。先日はビートルズ博物図館に来て頂いてありがとうございました!!私もさんとう花さんにお会いしたかったのに、ホントに残念で残念で仕方ないです(涙)でも、ビートルズ博物図館を気に入っていただけたようなのでとても嬉しいです!!館長の情熱と話の面白さは会って話を聞かないとなかなか伝わらないのでヨカッタです!!また機会があれば何度でも伊豆高原にいらしてくださーい!!(笑)今度は私も一緒にお話したいです☆

投稿: baasonow | 2006年7月 9日 (日) 23:27

baasonowさん、こんにちは!(^^)!
コメントどうもありがとうございます☆
ココログがメンテナンス中でお返事が遅くなってすみませんm(__)m
8日(土)はビートルズ博物図鑑で本当に有意義で楽しいひと時を過ごさせてもらいました。館長さんの熱心でしかも詳しいビートルズに関する話題も、アットホームな雰囲気も全てが大満足でしたよ(^o^)
今度はぜひともbaasonowさんとも会いたいですね~機会があったらまた行きたいです!

投稿: さんとう花 | 2006年7月16日 (日) 07:12

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ博物図鑑。:

« 砂の器。 | トップページ | お墓参り。 »