« 薬指の標本。 | トップページ | 豊岡梅園。 »

2007年2月 5日 (月)

訪問販売。

日曜日の午後、疲れた身体を癒すため、月曜日には再び始まる戦闘(?)に備えて穏やかな休息のとりこになっていました。
するとにわかに「ピンポーン」という呼び鈴が。
おもむろに玄関まで出向いてドアを開けると、三十歳前後の笑顔のさわやかな男性が立っていました。
「布団の丸洗いをさせてもらっています。よろしかったら・・・」
私はなぜか話だけは聞いてあげるべきなのではという衝動に駆られたのです。
外は冷たい風が吹きつけ、セールスマンの髪の毛は、そのさわやかな印象とは裏腹に強風にかき乱されていました。
こんなに一生懸命頑張っているのだからお話ぐらい・・・。
でも私にはわかっていました。
この甘い誘惑を振り切らねば私は自分に負けてしまう、と。
無責任な同情は不幸を招くに違いない。
そうして私は心を鬼にして「ウチは結構です。ご苦労さま。」と言ってドアを閉めたのです。

私はさっそくその話を友人のK美さんに電話で報告しました。
お互いカレシいない歴○年同士。彼女ならきっとわかってくれるに違いないと思ったのです。
案の定、K美さんは電話の向こうで感慨深げにため息などつきながら同調してくれるのでした。
「わかる、わかる。ウチにもいつだったかリフォーム業者がセールスに来たの。」
「うんうん。」
「二十代の好青年でサ、思わずウチの中に上げてお茶出したんだ~」
「えっ!?お茶出したの?」
「うん。その時ね、たまたまさんとう花さんがダビングしてくれた“ガンズ・アンド・ローゼズ”のテープがそばに転がっていてね、『ガンズ、好きなんですか?』って聞かれたの。」
「へ~」
「だから『はい、好きなんです。』って答えたらサ、『いや~ボクも大好きで、実はバンド組んでたんです。』って言うわけ。」
もうK美さんの話は止まらない。そのリフォーム業者との淡い恋(?)をしがない私に披露しようとばかりに言葉のマシンガンは続く。
「それで『ガンズ・アンド・ローゼズなら他にも持ってるんで、テープにダビングして持って来ますから。』って言ってくれたの。もう嬉しくって。」
彼女の弾んだ声は、まるで十六歳の乙女のようでした。
「で、それからしばらくしてまたウチに来てくれたの。わざわざ私のためにダビングしてくれてサ~」
そんな恋愛があって良いのか!?
たまたま訪れたセールスマンの、どこの馬の骨とも知らない男と恋に落ちるだなんて!
私は思わず嫉妬に震えました。
「でも彼は言ったんだよね。『ボクも今は女房子供がいて、バンド活動どころじゃなくなりました。』って。んもう、妻帯者だったよぉ~最初に言ってくれってカンジ~」
K美さん、たとえその彼がどれほどのイケメンであなたのハートをくすぐったのかわかりませんが、家の中に上げてお茶まで出すのはいけません。
お互い、男性には恵まれませんが、飢えたオオカミのようにギラギラするのはやめましょう(笑)

|

« 薬指の標本。 | トップページ | 豊岡梅園。 »

コメント

我家にも電話、訪問販売がた~くさん。家内も学習効果で色々な撃退法を実践してます。名簿屋さんって職種があって、昔は学校の連絡網なんかが売買されたらしいのです。子供が学校に入るタイミングなんかには必ずダイレクトメールや電話がかかってきます。電話番号、名前、家族構成等を殆んど知っているようなのです。多分、名簿が漏れたのでしょう。大阪のオバさんがオレオレ詐欺に一番引っかからないと言われています。これは、本質的に何でも「値切る」精神が根本にあるように思います。要は、誘拐されて身代金を要求されたときに、それを「値切る」かどうかにかかっています。これは、正しくブラックユーモアですが、やりかねません。これが、オレオレ詐欺の撃退法なのです。
私もビシネスマン(一応)ですが、色々なセールスの方に接します。会社へも飛び込みで来ますが、アシスタントの女性には、決して、「要りません」と言わないように伝えています。そのような言い方をすると「なぜですか?」という質問の権利を与えてしまうからです。このような場合は、「ここの事務所では、そのような決定権がありません」と言うことにしてます。そうすると、相手は、ここでいくら話しても仕方ないな!と思うからです。
ちょっと、嫌らしいですが、要らないものは要らない。相手も仕事ですけど、お互いのせめぎ合いです。最近、そういう「せめぎ合い」が少ないですけどね。ちょっと長くなりました。

投稿: 晴兵衛 | 2007年2月 5日 (月) 21:38

晴兵衛さんコメントありがとうございます(^o^)
悪質な訪問販売には辟易しますよね(^_^;)
利益追求主義で、こちらの事情なんて知ったことではないのですからたまりません。
私なんて状況的にも環境的にも狙われ易いので、用心に越したことはありませんねぇ・・・。
「せめぎ合い」というフレーズ、なんだか妙に気に入ってしまいました(^o^)
この言葉にどきどきしてしまうのは、私だけでしょうか・・・?(笑)

投稿: さんとう花 | 2007年2月 5日 (月) 23:21

さんとう花さんこんばんは(^^)
みなさんやさしいですねえ。
僕はピンポン♪って来ても開けないからなあ(笑)
明らかに居留守だとわかりそうでも「そのうち帰るだろう」と思って開けない(笑)
一人暮らしの僕に訪問客なんてあまりないから「どうせ新聞の勧誘だろ」とか思っちゃいます(^_^;)

あ、ガンズ好きなんですね(^^)
僕も若い頃聞いてて、東京ドームに2回くらい行ったなあ。
あれからもう15年近く経つんだから早いものです。。

投稿: moo00 | 2007年2月 5日 (月) 23:33

mooOOさんこんばんは(^o^)
コメントありがとうございます☆
そうですか、ガンズのコンサート行ってるのですね~!
実は私も東京ドームに見に行っています!!
もしかしたらどこかですれ違っていたかもしれませんねぇ(笑)
あのアクセル・ローズの地割れするようなシャウトはすごかったですよね~(^o^)
何度もポリープの手術を繰り返しながらのバンド活動というのは、見上げたプロ根性です☆
あ、この記事は「訪問販売」についての内容でしたね(^^ゞ
余談でした、すみませんm(__)m

投稿: さんとう花 | 2007年2月 5日 (月) 23:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訪問販売。:

« 薬指の標本。 | トップページ | 豊岡梅園。 »