« 珠緒作戦。 | トップページ | 石田徹也遺作集。 »

2007年4月30日 (月)

秋野不矩美術館。

二輌編成の遠州鉄道(あかでん)に揺られて終点の西鹿島駅下車。
二俣山東行きのバスに乗り換えて10分ほど行くと、「秋野不矩美術館入口」にて下車。
快晴の下、こいのぼりがそこかしこでたなびくのを横目で見ながら山のゆるやかな斜面を登って行くと、秋野不矩美術館がひっそりと佇んでいます。
私はここを何度か訪れていますがその度に友人のK美さんも同行させてしまうのです。

秋野不矩(あきのふく)は静岡県浜松市天竜区の出身で、静岡県立二俣高等女学校(現・二俣高校)を卒業していて、私の亡き母の先輩でもあります。
秋野の画風が知られるようになったのは、何と言ってもやはりインド以降だと思います。インド以降の印象的な画風は「日本画という素材でこそ表現され得た世界」であったのです。
「滔々と流れるガンジス河、刻々と変化する自然の様相、インドの微笑みをたたえる女神たち、強烈な日差しのために漆黒の影を落とす民家、壮麗な寺院ファサード、祈りの絵を描く女性、壁に描かれた祈りの形、厳しい自然の中で息づく動物たちそして人間・・・秋野が描くのはインドの名所ではなく、インドに生きる人間の目線で眺められた光景である」のです。

秋野作品の「廃墟Ⅱ」という大作を前にした時、ぬけるようなコバルトブルーの空の下、朽ち果てた石柱が立っていることのギャップに乾いた風の音を聞いたような気がしました。果てしない広野に孤独の静寂を感じさせるのです。
また「渡河」は、ベンガル湾に注ぐダヤ川を雄々しく進む水牛たちの姿を描いています。そこには人間の手が加わることのない自然の息吹が画面いっぱいに広がり、畏敬の念さえ抱かせるのです。

素晴らしい作品に触れて清々しい気持ちで館内を去ろうとした矢先、二十代の正装したカップルが秋野作品を前に何やらいちゃいちゃしていました。
男性は女性の後ろに立ち、手を回してぴったりと密着。
サリーをまとったインド女性を描いた作品を見ながら、おそらく次のような会話が展開されていたのでしょう。(私の妄想ですが。)
「この人ステキだわ。真っ赤なサリーがとてもよく似合ってる。」
「そうだね、でも・・・。」
「でも・・・?」
「でも、君の方がもっとステキだよ。」
私は何か絶望的な気持ちで二人の前を横切り、美術館を去るのでした。
そのようすを克明にK美さんに報告すると、K美さんはシニカルな笑みを浮かべて一言。
「ファッションで美術館に来るんじゃねーよ、ったく。」
そして私を置いて足早に坂道を下って行くのです。
「あ、待って。早いってば、そんなに早くいっちゃヤダ。」
私は小走りに追いついて行こうと必死。
K美さんは振り向きざまエヘヘと笑いながら、
「ゆるして候(早漏)。」
K美さん、それはおもしろすぎます。でもそれは私の前で言うに留めておいて下さい。間違っても殿方の前では禁句です(笑)

|

« 珠緒作戦。 | トップページ | 石田徹也遺作集。 »

コメント

K美さん 面白すぎ。思わず爆笑してしましました。
座布団3枚!!進呈。

男がそんなセリフ吐いたら、思わず許しませんか?アハハ

投稿: 晴兵衛 | 2007年4月30日 (月) 21:21

あははは・・・(^o^)
K美さんは本当におもしろくて楽しい人なんですよ☆
女性にしておくのがもったいないぐらいなのですヨ。
時々寒いダジャレを言ってその場が凍りつくこともありますが、たいていは爆笑です☆

投稿: さんとう花 | 2007年4月30日 (月) 22:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋野不矩美術館。:

« 珠緒作戦。 | トップページ | 石田徹也遺作集。 »