« 東電OL殺人事件。 | トップページ | 武田信玄。 »

2007年4月 8日 (日)

ローエングリーン。

デジタルの時代にレコードを聴くなんて、時代錯誤も甚だしいかもしれません。
アナログステレオのスイッチを入れ、レコードプレーヤーにレコード盤を乗せ、そこに針を落とします。
静かに回転するレコードを確認したら、椅子に腰掛け、ただひたすらスピーカーから流れて来る重厚な音に耳を傾けるだけです。

私はワーグナーの「ローエングリーン第一幕への前奏曲」を聴きました。
指揮はヘルベルト・フォン・カラヤン、演奏はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団です。
西陽の射す私の書斎は、板の間の上をホコリが不思議な模様を描いて踊っていました。
「ローエングリーン」は天国的な気分に始まります。
そこは金色に輝く草原。
私はそこに埋もれ、人知れず天使の群れに伴われて幸福な感情に満たされるのです。
この歌劇は、グリム兄弟の「ドイツ伝説集」やドイツ・バイエルンの某吟遊詩人の作品などが参考となり、作り上げられました。
それはワーグナーの作品中でも最も芸術的香りが高く、意味の深い、素晴らしく完成度の高い戯曲なのです。

カラヤンのカリスマ的な指揮のもとにくり広げられる音の波におそわれながら、私は徐々に上り詰め、やがて幾度となく果てるのです。
夢と現実が交互に入り乱れ、欲望の剣が私を貫き、乱反射する一条の光が足元を照らします。
私は放心状態のままロマン歌劇の終焉を聴き、無条件に身を焦がすほどこの音を愛するのです。

|

« 東電OL殺人事件。 | トップページ | 武田信玄。 »

コメント

お久しぶりです(か?)。私も学生時代に買ったアナログプレーヤーを田舎に置いてます。当時(○○年前)に新発売されたパイオニアのダイレクトドライブプレーヤー。当時としては、ハイテクマシンなのです。最近はあまり聞いてませんが、今度田舎に帰ったらレコードを聴いてみようかと思います。こう見えても、私もクラシックファンなのですが・・・娘は信じてくれません。なぜかって?カラオケへいくと、すべて演歌っぽく歌ってしますので(><)

ワーグナーはいいですね。

投稿: 晴兵衛 | 2007年4月11日 (水) 21:45

晴兵衛さんコメントありがとうございます(^o^)
そうですか、ご実家にレコードプレーヤーがあるのですか。
レコードは手入れも大変だし何より手間がかかるので本当ならCDで聴くのが手っ取り早いのですよね。
でも、レコードが楽しめるうちはこのレコード盤が磨り減ってしまうまで聴いてやろうと思っています(笑)
どうか晴兵衛さんもたまにはレコードを愛してやってくださいね(^_-)-☆

投稿: さんとう花 | 2007年4月11日 (水) 22:07

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローエングリーン。:

« 東電OL殺人事件。 | トップページ | 武田信玄。 »