« アンナとロッテ。 | トップページ | リターン・トゥ・青汁。 »

2008年3月28日 (金)

顔色さえ変える女優。

私がこの女優さんを知ったのは高校生の時なので、かれこれ20年も前のことです。
当時まだ健在の母といっしょにNHKテレビで放映されていた“世界名画劇場”という番組で「ガス燈」を観たのです。
この作品は、1944年(米)に公開されたモノクロ映画で、内容的には心理サスペンスを扱ったものです。
私は隣りでお煎餅か何かをボリボリ食べながら観ていた母に、思わず聞いてしまいました。
「お母さん、このヒロイン役は何て言う女優さんなの?」
「イングリッド・バーグマンだよ。」
そう、彼女こそ私のハートを捉えて離さなかった女優さんなのです。
このイングリッド・バーグマンが登場するやいなや、私は一気に作品の中へと没入していくのがわかりました。
ヒロインが忍び寄る不安に恐れおののき、精神的に追い詰められていくシーンでは、バーグマンの顔色がみるみるうちに青褪めていくのがわかるのです。(モノクロ映画だと言うのに。)
もはやこれは演技というより、芸術ではないかと思ったほどです。

その後、私はヒッチコック作品に傾倒して行くのですが、そのヒッチファミリーの一員であるイングリッド・バーグマンは、サスペンス・スリラー映画において見事に開花していくのです。
ヒッチコックの自叙伝などを読むと、イングリッド・バーグマンについてずい分多くを語っています。
それだけヒッチが彼女にご執心だったという証拠でもあります。
しかし、そんなヒッチの想いも空しく、彼女はサスペンス映画にはあまり興味がなく、ヒッチの作品には正直、力を入れていなかったことや、ヒッチの要求する演出に駄々をこねたり、とにかく奔放な女性だったようです。
にもかかわらずヒッチはイングリッド・バーグマンに惜しみない愛情を捧げ、彼女の出演したヒッチ作品の全て、完成度の高いヒット作品に仕上げています。
そんなヒッチ作品に出演する一方で、彼女は他の監督のもとで「ジャンヌ・ダーク」の映画化に夢中になっており、そちらの方に女優魂を注いだのですが、皮肉なことにこちらは興行的には失敗しています。

「富と名声に、成功を見出したことはない。私にとっての成功は、才能と情熱の中にあるの。」

私はバーグマンの媚びない、毅然とした知性美に憧れて止みません。
私が一番大好きな、女優さんなのです。

|

« アンナとロッテ。 | トップページ | リターン・トゥ・青汁。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。