« リターン・トゥ・青汁。 | トップページ | 花のたましい。 »

2008年4月19日 (土)

ビフィズス菌。

今年の私は何が違うと言えば、とにかく“健康”に対する意識が違いますよ。
これまでは、酒もタバコも男もやらない(?)清廉な生活を心がけて来ましたが、三十代も半ばを越えると、それだけでは充分だと言えなくなるのです。
皆さんの腸内年齢はおいくつでしょうか?
腸を守っている善玉菌の王子ビフィズス菌は、「年齢とともに毎日減少して」いるのです。
腸内を悪玉菌が巣食うと、ガンなどの成人病に侵されてしまうはめになります。

さあ、ここで生きたビフィズス菌を無事に大腸まで届ける必要が出て来ます!
(なにしろビフィズス菌はとてもデリケートな菌なので、胃酸に弱いのであります。)
私は森下仁丹の「ビフィーナ」を試してみました!
わずか1包につき1.1gの顆粒を水などで飲むだけで腸内はビフィズス菌が潤うというわけなのです。
味はまるでジューシーラムネを顆粒にしたようなおいしさです。
さて気になるお値段は??

ビフィーナR(レギュラー)1箱¥4200 (60包入り)です。

いつだったか我が友人K美さんが「酢大豆がイイ」などとうそぶいていた記憶がありますが、正直、毎日続けられるようなしろものではありませんでした。
健康を維持するには、やはり継続できるものでなくちゃ、うん。

この記事を通り過ぎていく方々に誤解のないよう断っておきたいのですが、アフェリエイトとは無関係です。
森下仁丹の宣伝ではありませんので、あしからず。

|

« リターン・トゥ・青汁。 | トップページ | 花のたましい。 »

コメント

ご無沙汰です。お元気ですか?
最近、家でPCと向き合うのが億劫になってしましました。
健康に気を使うのは、大事なコトです。かく言う私も、かつて下の手術を2度経験(一度は、内視鏡による大腸ポリープの手術、もう一つはあまり言いたくありませんが、日本人に多い病の一つ)しました。その二度の経験から認識と言うか悟ったことは、「切って直るものなら躊躇なく切ろう」ということです。
実は、さんとうかサンだけに言いますが、今の仕事は「人を相手にする仕事(苦情処理というか消費者対応)」に変わったのです。なぜか、最近「頭に来るコト」が少なくなりました。少々の事で頭に来ていたら、この仕事は勤まりません。
セルフコントロールとの戦いです。せるふコントロールとのね。私の最大の課題!!

投稿: 晴兵衛 | 2008年4月19日 (土) 21:25

晴兵衛さんお久しぶりです(^^)お元気でしたか?
コメントどうもありがとうございます(^o^)
そうでしたか、晴兵衛さんは過去に大病をされた経験がおありなのですね・・・。
「病は気から」とも言うように、たいていはストレスなどが大きな原因になっているようですね。
ではなおさら健康管理に気を配らなくちゃ!!
晴兵衛さんのおっしゃるとおり、セルフコントロールを心がけて、肩ひじ張らずにぼちぼちとがんばりましょうね~(^_^)/~

投稿: さんとう花 | 2008年4月19日 (土) 22:35

この記事へのコメントは終了しました。

« リターン・トゥ・青汁。 | トップページ | 花のたましい。 »