« 私の名前を呼ぶ人。 | トップページ | 独り言。 »

2008年5月19日 (月)

ヘッセより。

彼のなかでその苦痛快楽とは、どちらの方が大きいのか、それも自分でわからなかった。

しかしその快楽は、彼の若い愛の力の勝利と、たくましい生命の最初の予感とを意味していた。

(「車輪の下」よりヘルマン・ヘッセ著)

|

« 私の名前を呼ぶ人。 | トップページ | 独り言。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。