« ミドリガメ。 | トップページ | エスプレッソ シェイク。 »

2008年7月27日 (日)

黒川先生のこと。

もう16,7年も前のことです。当時、京都府綾部市に小さな美術館がありました。
有限会社S印刷の保養所も兼ねた、文化施設でもあったようです。
そこには、きり絵作家の黒川祐企憲先生の手掛けた作品が、ずらりと並べられていたのです。
黒谷和紙の里、北丹波路、舞鶴西港、石仏、五老岳、田辺城、等・・・それはそれは緻密でノスタルジックな世界観の広がる芸術作品の数々でした。

しかし、残念ながら美術館は閉館。
その美術館の学芸員をされていたIさんとは友人で、時折、黒川先生の作品が企業のカレンダーやポスターに採用されているのを見かけると言っていました。

最近、黒川先生はどこでどんなご活動をされておられるのでしょうか?
個展など開いておられるようでしたら、ぜひとも、あの感動をもう一度味わいたいものです。

|

« ミドリガメ。 | トップページ | エスプレッソ シェイク。 »

コメント

源尊磨という画号で活動されてるようです

投稿: フルッティ | 2011年11月18日 (金) 23:49

ありがとうございます!
参考になりました(*^_^*)

投稿: さんとう花 | 2011年11月19日 (土) 22:11

この記事へのコメントは終了しました。

« ミドリガメ。 | トップページ | エスプレッソ シェイク。 »