« エンジェル。 | トップページ | ローラ。 »

2009年1月31日 (土)

ブックカバー。

最近は書店で文庫本を購入した際、店名の入った紙のブックカバーを遠慮させていただいてます。
と言うのも、2年ほど前にいただいたブックカバーを使用することにしたからなのです。
このブックカバーは、ホワイトハウス・コックスという英国の、主に皮製品を扱うブランドなのですが、そこのハンドメイドの品物です。
正直、このような高価な代物は私にとって分不相応だし、もったいなくて使えない・・・と言うのが本音でした。
そんな折、もっか海外文学にハマっている私は、シアトル系カフェであったかいコーヒーとクッキーなどかじりながら読書するというなんとも優雅な構図を頭に描き、思い切ってこのホワイトハウス・コックスのレザーカバーを使ってみることにしたというわけなのです。

何が上品かって、やはり、本が型崩れしないようにカチッと包み込むレザーの強さ。
さらに、店名の入った紙のブックカバーでは感じられない優越感でしょうか。
もっと言わせてもらえば、バッグに化粧ポーチやのど飴などといっしょに収納された時の存在感たるや、それはもうインテリジェンスの風格がそこかしこに漂ってしまうのです。(←ここまでくると自己陶酔の極みですが。)

もともとブランド嗜好ではない私なので、どうしても欲しかった品物というわけではありません。

“そこにホワイトハウス・コックスのブックカバーがあったから。”

・・・的な感覚なのですが、長い目で見たらこれは私なりの“エコ”ですよ!ヽ(´▽`)/
文庫本を買うたびに店名の入った紙のカバーをつけてもらうのは、いかがなものかと思います。
やはり、どうせならお気に入りのマイブックカバーを一つ持って、長く愛用するのがベストなのではないかと。
こちらのブログを閲覧してくださる方々は、おそらく読書好きの面々ではないかと推測しています。
なのでぜひともマイブックカバーの使用を、どうぞご一考くださいませ。
ちなみに当方、アフェリエイトとは無関係のため、ホワイトハウス・コックスのブックカバーを取り扱っているお店などの情報は、よくわかりませんのであしからず。
でもオススメですよ!(◎´∀`)ノ

|

« エンジェル。 | トップページ | ローラ。 »

コメント

千円未満の文庫本に一万円を越えるブックカバーは豪気の極みすね♪
でも叡智への投資は、すなわち人間性の豊かさ以外のなにものでもないと思います。
そういうものをポンとプレゼントする方はきっと素晴らしい御仁なのでしょうが、友にするさんとう花殿もただものではありませんな(笑)
今日はさんとう花殿の気合の入った読書の所以を見た思いがしました。
これからもキラリと光った読後感をご披露くださいませ(^^)

投稿: WHC | 2009年2月 1日 (日) 20:41

WHCさん、書き込みをありがとうございます。そうですね、単なる読書も時と場所と雰囲気によってかなり様相の違うものになります。ブックカバー一つで優雅で格調高いひと時を過ごすことができたら、これ以上の至福はありませんヨ(^_-)-☆
White-house Coxのブックカバーとそれをプレゼントしてくれた友人に、感謝の気持ちでいっぱいです(*^_^*)

投稿: さんとう花 | 2009年2月 1日 (日) 22:28

この記事へのコメントは終了しました。

« エンジェル。 | トップページ | ローラ。 »