« へっつい幽霊。 | トップページ | うなぎ桜家。 »

2009年3月12日 (木)

春よ、来い。

芽の吹く季節は、何かと身体に変調を来す時期でもあります。
ふだんは元気印のさんとう花なのですが、今時分の2月下旬~4月下旬ごろまでは、どうも芳しくないのです。
それは何と言っても、花粉症によるアレルギー症状に悩まされていることが所以でもあります。

そんな中、例によって仲良しこよしのSさんから、春にまつわる歌をオムニバスにまとめたCDをいただきました。
さらに、季節の和菓子まで!(◎´∀`)ノ
源吉兆庵の、その名も“彩苺”(あやいちご)と“季のさみどり”(ときのさみどり)。
それでは、2品ともご紹介しましょう!

【彩苺】・・・葛ゼリーの中にふわりと閉じ込められた苺の餡。この苺の餡は、素材の持つ酸味を生かして、食べた時にほのかな苺の香りと甘酸っぱさを感じるよう気の配られた上品なお菓子。

【季のさみどり】・・・パステルグリーンが春を予感させる。一見、抹茶風味?と思いきや、甘煮した蕗のきざんだものを、ういろう風の生地に包んでいる。食感を楽しむ一品。

上品この上ない季節の贈り物を、いつも本当にありがとうございます!o(*^▽^*)o
感謝、感激、雨、あられ・・・のさんとう花なのであります。
言うまでもありませんが、とても美味しくちょうだいしました。
こうしてSさんからいただいた上等なお菓子と、春にまつわる歌を聴きながら気分は上々・・・のはずでした。
しかし、運命とは皮肉なものです。
ここ数日間、私はくしゃみ、鼻水、目のかゆみ、さらには下痢にも悩まされ、仕事にも支障を来す有り様。
これはいかんと思って、重い腰を上げ病院へ。
ふだん、お腹の具合など悪くなったこともないし、よりによって下痢って、まさか一命に関わる病気の予兆なのでは・・・などと心配でたまりませんでした。

「心配ないですよ、花粉症の季節ですからねー」

「そうですか・・・でも花粉症と下痢って、何か関係があるんでしょうか?」

「ああ、それはですね、鼻水飲んじゃって、それでお腹こわすっていうわけですな。」

「・・・・・・・!?」(←絶句する私。)

春よ 遠き春よ まぶた閉じればそこに
愛をくれし君の なつかしき声がする
(「春よ、来い」より松任谷由実・歌)

その時、私の中では、先生の「鼻水飲んじゃって」の一言がエコーで響き渡り、さらにBGMとして高らかに「春よ、来い」のサビの部分が流れて来るのでした。(涙)

皆さんもくれぐれも鼻水飲まないように気をつけて下さいね。ヽ(´▽`)/
私みたいにお腹こわしちゃいますよ!(←半分、自暴自棄。)

|

« へっつい幽霊。 | トップページ | うなぎ桜家。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。