« 春よ、来い。 | トップページ | サイコ。 »

2009年3月22日 (日)

うなぎ桜家。

路傍の樹木が芽吹き始める中、春雨に濡れながら向かった先は、伊豆。
今年はいろんな意味を含めて節目の年でもあるため、ふだんなおざりにしているお墓参りに出掛けました。
お彼岸だというのに、あいにくの悪天候のせいか、境内はガランと静寂に包まれ、墓地にも誰一人としてお参りに来ている様子はありませんでした。

境内の脇にある住職宅のチャイムを鳴らし、ごあいさつしたところ、どうやら私のことなどすっかり忘れているような雰囲気。

「本家の三男○○の娘、さんとう花です」
「ああ・・・! それじゃあ今年、お母さんの十一回忌じゃないかね?」
「ギクッ・・・(汗)」

やっぱり私のことなど忘れていてくれた方が良かったと思ったのも、後の祭り。
母のことは決して忘れていたわけではありません。
ですが、法要を行なうにしても、何かと先立つものが・・・ゴニョゴニョ・・・。

その後、住職とどんな話をしたか、覚えていません。
ただ、一目散でお寺を後にした記憶のみなのです。

朝早く家を出たこともあり、いい案配にお腹のムシが騒ぎ出しました。
三島まで来たからには、やはりウナギでしょう、とお気に入りの店へ向かいました。

伊豆箱根鉄道線(駿豆線)という三島から修善寺までをつなぐローカルな列車が走っているのですが、その広小路駅から徒歩一分のところにあるのが「うなぎ桜家」なのです。
このお店は、私が小さい時から場所も変わらず、同じ店構えで、変わらぬ美味しさを提供してくれるのです。
創業安政三年という老舗中の老舗で、グルメを唸らせる絶品なのです。
とは言え、こればっかりは各人の好みにより左右するものではないかと。
さっぱり甘めが好みの方に、桜家はおすすめです。
富士山の雪解け水でしめたウナギのまろやかさ。
口の中で広がる秘伝のタレとの相性の良さ。
口直しにいただくお吸い物と香の物も、絶妙なバランスで堪能させていただきました。

うな重(お吸い物付) ¥2620

この上なく贅沢なひと時を、ありがとう!

|

« 春よ、来い。 | トップページ | サイコ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。