« レッドクリフ~Part2~ | トップページ | さびしいとき。 »

2009年5月 6日 (水)

豆大福。

おいしい和菓子屋さんと言うと、すぐに思い浮かべるのがテレビのグルメ番組等で紹介されたお店、あるいは全国展開を広げるデパ地下の小洒落た名店等でしょう。
しかし、地方の片隅には知る人ぞ知る、隠れた菓匠がひっそりと存在するのです。

今回私が「おいしい!」と、舌鼓を打ったのは菓匠大しろという小さな和菓子屋さんの豆大福です。
真っ白なしっくいの壁が印象的な、小ぢんまりとした店構え。
ショーケースに並べられた豆大福が売り切れてしまったら店じまい、というアナログ感の漂うレトロな商い方式なのです。
この豆大福の感想は、どのように表現したら良いでしょうか?
例えば一個だけそこにあって、あっと言う間に平らげてしまうとする。
で、「ああ、もう一個食べたいなぁ」と思わせる、後を引くおいしさなのです。
甘味だけが全面に打ち出された和菓子と違って、若干のしょっぱさの中に上品な甘さが口の中に広がる・・・そんな感覚なのです。
女性ならきっと「あの人にも食べさせてあげたいなぁ」と思うほど、一人でいただくのがもったいないような和菓子なのです。

そしてこの季節、そう、新茶が店頭にお目見えです。
私がひいきにしているのは、静岡市は安倍川流域の由緒ある茶処、本山(ほんやま)で摘み取られた新茶です。
手もみ技術を継承する名人は、ごくわずかですが、ここの本山産の名人新茶は素晴らしく良質な逸品なのです。
このお茶請けに大しろの豆大福をいただく・・・それは正に、格調高く、優雅でえも言われぬ至福のひと時なのです。

連休中、どこに出掛けるわけでもなく、家でのんびりと過ごす・・・それも一興です。
交通費や宿泊費は一切かかりません。
新茶と豆大福だけご購入下さい。
あとは、豊饒なひと時が心をほっこりあたためてくれますよ(◎´∀`)ノ

|

« レッドクリフ~Part2~ | トップページ | さびしいとき。 »

コメント

度々すみません。
記事を拝読するうちに「黄金餅」という落語の演目を思い出しました(^^)
五代目志ん生師匠の十八番で残念ながらネタは大福ではなく「あんころ餅」と「黄金餅」なのですがね(笑)
西念という似非坊主が二貫のあんころ餅に貯めた金を埋め込んで、次々と食べたるくだりがあります。

そこでフト思いました。

大福を一つだけ買うのはなかなか難しい・・
さんとう花さん、あぁたその実ふたつみっつ買って一度にパクパク食べたのじゃない(大福、もとい、大笑)?

とはいえ、さんとう花さんは毎度ステキな文章をお書きになリますね。
あまりフォローにはなっておりませんが、拙者は落語狂ですので与太話ということでご容赦を(^人^)

投稿: 落語狂 | 2009年5月 8日 (金) 15:09

落語狂さん、いつも書き込みをありがとうございます(*^-^)
それにしても、豆大福を一個だけ買うというのはあやしく感じられましたか??(笑)
なんだか痛いところ突かれてしまった(;´▽`A``
二個も三個もパクパク食べたんじゃないかって??それについてはご想像にお任せしたいと思いますヽ(´▽`)/
毎回、私のつたない記事にお付き合い下さいまして、本当にありがとうございます!
最近はすっかり滞りがちなのに、更新する度に記事に目を通していただいて、恐縮ですm(_ _)m
たった一人でも読者がいて下さると、なんだか嬉しくてたまりません(◎´∀`)ノ
また気が向いたらおいでくださいね~(o^-^o)

投稿: さんとう花 | 2009年5月 8日 (金) 22:59

この記事へのコメントは終了しました。

« レッドクリフ~Part2~ | トップページ | さびしいとき。 »