« フローズン(映画) | トップページ | 村上春樹氏スピーチ全文。 »

2011年3月30日 (水)

与太郎戦記。

東北大地震に見舞われて、すでに2週間以上経ちます。
私自身は直接的被害は受けていませんが、どういうわけか、気持ちの面でとても萎えています。
何かしら途方もない、漠然とした不安で苛まれます。
津波で一瞬にして肉親を亡くされた方々のことを思ったり、自宅がプカプカと流されていく様子を目の当たりにして、被害者の方々がどれほどの恐怖と絶望を感じたかを考えると、想像を絶します。

20代の時、私はすでに両親をあの世へ送っていますが、病気で亡くなっているので、当然、心の準備はできていました。
それでもいざ失ってみると、その計り知れない哀しみに、一体自分は何のために生きているのだろうかと、息をしていることさえ辛い日々もありました。
ましてや今回、地震の後の大津波によって、何の心の準備もなく一瞬にして大切な人を失った方々のことを思うと、もう言葉もありません。

さて、そんな私はただ粛々淡々と日常を過ごすしかありません。
好きな読書も一時はページを開くのもおっくうになってしまいましたが、やっと本屋にも出かけてみようという気持ちになり、文庫本一冊だけ購入しました。

落語家の春風亭柳昇さんの、半自伝的作品である『与太郎戦記』です。
それは、昭和16年に柳昇さんが軍隊に入隊してから、戦地で負傷して帰還するまでを、おもしろおかしく綴ったものなのですが、なかなかどうして奥が深く、読後はジーンと熱いものが込み上げて来ました。

とりわけ兄妹愛を感じたのは、南方に遠征した柳昇さんが、船舶司令部の売店でコンペイトウを買い、東京にいる幼い妹に送るというくだりです。
当時、食糧事情の悪かった日本では、甘い物は貴重品で、柳昇さんは自分の乗る船が沈没しても、妹に宛てた小包を乗せた貨物船は無事に日本に着くようにと願ったとのこと。
こういう深い家族愛が、絆が、日本の戦後の復興を後押ししたのだとつくづく思うのでした。

今後、私たちは様々な問題を抱え、試練に立ち向かわなければなりません。
ですが、生きてさえいれば、きっと何かのお役に立つこともあるでしょう。
まずは平凡な日常生活を粛々と過ごしてゆく。
無理をせず、ぼちぼちとやっていきましょう。

この度は大規模災害に対し、被災地の皆さまには心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り致します。

|

« フローズン(映画) | トップページ | 村上春樹氏スピーチ全文。 »

コメント

さんとう花さんこんにちは。
そちらででも今回の地震の報道はセンセーショナルなのですね。
東京も軽いとはいえ、死者や怪我人が出るなど一応「被災」しているので、やはりストレスが溜まりますね。
今でも余震がたまにありますし。

でも僕は母を亡くしてまだ半年なので、そちらの方をまだ引きずっており、変な言い方ですが、地震のショックは他の方々より小さいようです。

春風亭柳昇さんの戦記ですか。
落語家さんと軍隊というのが中々繋がらなく、だからこそ読み応えがあるのでしょうか。
なんとなく「のらくろ」を思い出してしまいました。

そういえば来月はまた静岡中部に行きますよ♪
ケータイは持って行きますが、ほとんどスイッチオフで情報遮断の旅になると思います。
静岡新聞のローカル記事しか見ないつもりで(笑)
こういう時こそリフレッシュも必要ですからね。

僕は落語はあまり聴きませんが、最近浪曲にはまってます。
広沢虎造の清水次郎長伝の演目はいいですね。
実際お墓や生家にも行ったので思い入れもあります。

今回も色々周ってみようと思います。
静岡に行った時くらいは揺れないでほしいかな(^_^;)

投稿: art-isamu | 2011年4月 4日 (月) 19:21

art-isamuさん、いつも私のつたない記事に書き込みをありがとうございます!
そうですか、来月は静岡にいらっしゃるのですか。
華やかな都会と違って、なにぶん静岡の垢抜けない雰囲気に、地元人の私としては恥ずかしさを覚えるわけですが、とりあえず静岡という土地柄を気に入ってもらえて本当に嬉しい限りですヽ(´▽`)/

数年前に、大井川鉄道のSLに乗ったことがあります。
窓を開けていたら、鼻の頭が黒くなってしまい、友人に笑われてしまった記憶がありますよ。
汽車はロマンがありますよ(*^-^)
機会があったら大井川鉄道のSLに、どうぞ乗ってみて下さいね~!!

投稿: さんとう花 | 2011年4月 4日 (月) 21:34

さんとう花さん度々失礼します(^^)
大井川鉄道のSL、実は僕は2回乗っています(^_^;)
掛川とか菊川に旅に出た時です。
あれが静岡ファンになったきっかけですね。
春の晴れた日にSLから壮大な自然を眺めて、本当に涙が出て来たのは驚きでした。
悲しい涙ではなく、なんか感動の涙でしたね。
本日旅行雑誌の静岡特集を買って来ました。
今回はぜひ静岡おでんを食べてみようと思います(^^)

投稿: art-isamu | 2011年4月15日 (金) 19:33

art-isamuさん、いつも書き込みをありがとうございます!
最近は節電を心掛けているため、パソコンも数日置きに立ち上げてメールチェックをしているため、art-isamuさんからの書き込みに気付かないでいました(>_<)
本当に失礼いたしましたm(__)m

そうですか、すでに大井川鉄道のSLに乗ったことがあるんですねヽ(^o^)丿
なんだかものすごく嬉しい気持ちです!!
あの車窓から眺める茶畑の景色は、静岡県民として実は誇りに思っているんですよ(笑)
ディーゼルエンジンの力強い音を聞きながら、ゆっくりと進む汽車の旅は、なかなかオツなものですよね(*^_^*)

今度いらっしゃる時は、ぜひとも静岡おでんを召し上がって下さいね(^^)
串に刺さったおでんは、地元人にとっては珍しくありませんが、他地域の方々には珍しいようですね?!
味はまぁ普通かな?(笑)

いつも静岡のローカルな雰囲気を喜んで下さり、本当にありがとうございます!!
県民を代表しまして(?)厚く御礼申し上げますm(__)m

投稿: さんとう花 | 2011年4月18日 (月) 21:55

この記事へのコメントは終了しました。

« フローズン(映画) | トップページ | 村上春樹氏スピーチ全文。 »