« 収集癖 | トップページ | モンターニュ »

2014年6月13日 (金)

アスパラドリンクDX

現代人は皆、疲れているとつくづく思います。
もちろん、昔の人だって何かと忙しく、疲れていたことでしょう。
でも、何と言うか、その疲れの質が昔とは違うような気がするのです。
「最近の若者は辛抱強くない」とか「甘え過ぎだ」とか「主張ばかりする」などと、年配の方々のおっしゃることも、ごもっともだとは思いますが、おそらくきっと“昔の若者”も同じことを言われて年を経たのだと思います。

私の同級生(40代女性)を念頭に置いた時、既婚者のうち、仕事をしていない専業主婦は0人です。
家のローンを払い、夫婦の車2台分の維持費と、子どもの教育費などを合算すると、とうていご主人の給料だけではやっていけないという状況なのだとか。
生活が苦しいなら、苦しいなりに生活レベルを下げれば良いではないかというご意見もあろうかと思いますが、それがなかなか簡単にはできず、結局、頑張ってお金を稼ぐという歯車に乗っかってしまうわけです。
それが良いのか悪いのかは分かりませんが、右を見ても左を見ても似たような状況ならば、「ま、こんなものか」とあきらめて、夫婦共働きにあまんじるのです。(少なくとも友人の一人は専業主婦に憧れているのですが、叶わぬ夢だとあきらめています。)

昔と違って、現代は空前の情報化社会。
不要な情報もあれこれ耳に入って来るので大変です。
受験生を抱える友人などは、そんなつもりもなかったのに、子どもを塾に入れることになったとか。

「え? 受験生なのに、今どき塾に入れてないの? 信じられない」

と、ママ友の一人に言われ、ショックを受け、慌てて入塾させたとのこと。
言うまでもなく、夏期講習の申し込みもせざるを得なかったと。

本来なら、“我が道をゆく”という精神で、他人は他人、自分は自分と、割り切って物事を考えられれば問題ないのですが、現代はそうもいかず、「あの人、空気読めない」とか「ありえないし」などの他人の評価、つまり干渉がイヤでもまとわりついて来るため、自己流を通すのがなかなか難しいのが現実です。

そんな疲れた友人を持つ私としては、無責任なことも言えないので、ただもう疲労回復に効果のある、アスパラドリンクを飲むようにおすすめしました!

実際、私もささいなことで気に病んだり、睡眠不足で疲労がピークに達している時があります。
そんな時、気晴らしに職場の自販機(ダイドー)で扱っているアスパラドリンク(¥130)を飲むと、なんだかシャキーンとなる(?)ような気がします。
これがまた美味しいのです!
ぜんぜん薬品っぽい感じではなく、スッキリとした甘さでクセになります。
製造販売元は、田辺三菱製薬です。
タウリン1500㎎、アスパラギン酸カリウム・マグネシウム配合のアスパラドリンクDX。

疲れているみなさんにおすすめです。
気分転換にもどうぞ!ヽ(´▽`)/

|

« 収集癖 | トップページ | モンターニュ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。