« 二俣祭り | トップページ | 梨やさん情報 »

2014年8月24日 (日)

都田のとうふ勘四郎

知り合いに誘われて、都田までランチに出かけて来ました。
こちらのブログに画像を載せることができず、とても残念なのですが、いやもう、びっくりしました。
こちらの店主が古き良き映画好きなのか、店の外には「幸福の黄色いハンカチ」が夏の湿り気を帯びた風にパタパタとはためいているではありませんか!
(思わず、高倉健の帰りを待つ倍賞千恵子を連想してしまいました。)
さらには、お店と言っても外見はごく普通の民家に見えるのです。
かろうじて、『勘四郎』の看板が出ているおかげで、ここが店舗であることが分かるようなあんばい。

「ここは以前、空き家だったの。きっとここの店主が買い取ってリフォームしたんだろうねぇ」

と、この辺のことに詳しい知り合いが言いました。

「豆腐屋の須部商店って、知ってる?」
「ああ、名前だけ知ってます」
「その須部商店で作ってる豆腐を調理しているお店なのよ」

なるほどと思いながら、お店に入りました。

店内は決して広いわけではありません。
なにしろ一般的な民家をリフォームした店舗なので、それなりです。
ハシゴ段のような急な階段を上り、二階へ通されると、のどかな田園風景の広がる窓側の席に着きました。
メニューは至ってシンプルで、たくさんはありませんが、迷う面倒もないので反って嬉しい。
私が注文したのは、『できたて寄せ豆腐御膳』¥1250です。
このお豆腐のクリーミーなことと言ったらありません。
なんとも言えないまろやかな味なのです。
口の中で溶けていく感覚でしょうか。
薬味として、きざみ海苔、青ネギ、生姜が付いているので、それらをお豆腐に載せてつるつると頂きました。
季節のデザートは、ブルーベリーソースのかかった白玉団子(3個)で、これも上品な逸品でした。
しかし欲張りな私は、単品で『まるごと大豆のソフトクリーム』¥220(小)も注文してしまいました。
これがまた“ザ・豆乳”とでも言いたくなるようなソフトクリームで、甘さ控えめ、ほんのりお豆腐の風味を楽しませてもらいました。
ちなみに食後に頂いたのは、おから茶で、初めて味わったのですが、クセがなく芳ばしいお茶でした。

お店の一階には、ちょっとした販売スペースがあって、おからかりんとうや、おからドーナツ、おからコロッケなどが並んでいるので、お土産に良さそうです。

食べ盛りの子がガッツリ食べたい、という場合には不向きですが、ヘルシー嗜好の女性やお年寄りには最適なお食事処だと思いました。

9月の敬老の日には、おじいちゃんおばあちゃんのおられる方など、一緒にお出かけしてみたらいかがでしょうか?
きっと喜ばれるのではと思いますよ!(◎´∀`)ノ

|

« 二俣祭り | トップページ | 梨やさん情報 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。