« U2 | トップページ | 天上の青 »

2014年8月 7日 (木)

当たるも八卦、当たらぬも八卦

ひょんなことから知り合って、1年ほど前からお喋り友だちとなったSさん。
私より10歳以上年上の、五十代女性です。
二人のお嬢さんを持つ、気さくなお母さんでもあります。
目下の悩みは、今年32歳になるお嬢さん、A子さんのこと。
A子さんは東京の大学を卒業した後、地元へは帰らず、そのまま都内の某IT企業へ就職。
Sさんとしては、A子さんが長女ということもあるので、何とか地元に戻って欲しかったのですが、東京の水が合ったようで、「帰る気はない」と突っぱねられたと。
仕方なく、A子さんの気持ちを尊重したところ、どうやら仕事に生きがいを見つけてしまったのか、浮いた話の一つもない状況が続いたそうです。

「それがね、半年ぐらい前になって、会わせたい人がいるって言うもんだからびっくり! 我が家にカレシを連れて来たのよ」
「どんな人でした?」
「なかなか優しくて、好感の持てる子よ」
「良かったですねー。おめでとうございます!」
「おめでとうも何も、ここからが本題なんだから、、、」

Sさんは絶望的な表情で、娘が先方の親御さんと同居を希望しているのだと言いました。
そして、それがどうやらカレシとその親の願いでもあり、別々には暮らしたくないと。
親としては、ものすごく心配だけれど、彼が娘のことを一番に考えて、いざという時、娘を支えてくれるのなら同居も構わないだろうと言うところまでご主人と相談したそうです。
そしてとうとう、先月、大安吉日に、先方の親御さんが東京からはるばる浜松まであいさつに見えたと。

「もうびっくりよ! あの息子の母親とは思えない、キツイ顔立ち。しかも一方的に押し付けるような話し口調。父親の方はただ座っているだけで、ろくに話もしないし。私はもう、これはダメだと思ったの」

私はそのSさんのものすごい剣幕に圧倒され、言葉もありません。
よっぽど先方のことが気に入らなかったのだと思いつつ、

「でも、もう結婚の方向に動いているんですよね?」

と、訊いてみました。

「だから切羽詰まって、知り合いから教えてもらった高名な占い師のところに相談に行って来たの」
「えっ?! 占い師?」
「生年月日で占ってもらったの。そしたらね、『残念ですが、相性はサイアクです。きっと4年後には別れます』って断言されちゃったわ」
「で、でも、ハズレるかもしれませんヨ」
「でも、当たるかもしれないし」
「当たるも八卦、当たらぬも八卦ですね」

Sさんは今、その占い師さんから教わったとか言う、縁切りの秘法を毎朝毎晩、日課にしているそうです。(そのやり方は秘密とのことで、教えてはもらえませんでした。)
子を思う気持ちは、古今東西、変わりません。
結婚するにしろ、しないにしろ、SさんとSさんのお嬢さんにとって最良の結果になることを願ってやみません。

|

« U2 | トップページ | 天上の青 »

コメント

こんばんは

なんとも難しい問題ですね…

でもよく読んでみると
気が合いそうもないのは
「母親同士」であって「嫁姑」では
ないんですよね

娘さんは同居して暮らしていく
覚悟がおありなのですし

お相手もしっかり者が
選んだ方なのですから

事態が好転していくことを
願ってやみません

でも
難しいです…(苦笑)

投稿: 松枝 | 2014年8月12日 (火) 21:33

松枝さん、こんばんは(*^-^)
そうなんですよ、嫁姑問題とは少し違い、Sさんの娘を思うがゆえの老婆心、、、的なものでしょうか?

「あんな気の強い母親のところで同居したら、娘はきっと苦労するに違いない」
という、親としての当然の心配でしょうか?

とはいえ、こればっかりは結婚を考える若い二人の愛情と将来を思えば、あたたかい目で見てあげたい気もしますが、、、
う~ん、難しいですよね。(゚ー゚;
松枝さんなら、どうされますか?
最終的には本人の気持ちを尊重してあげるのでしょうか?

いつも、書き込みをありがとうございます!
松枝さんのおかげで、なんだか記事を投稿することに張り合いが持てますよ!(◎´∀`)ノ

投稿: さんとう花 | 2014年8月13日 (水) 20:30

こんばんは

>最終的には本人の気持ちを尊重してあげるのでしょうか?

僕ならそうするでしょうね~

20歳そこそこの若者同士なら
思い留まるよう言うかも知れませんが…

>いつも、書き込みをありがとうございます!

こちらこそ、さんとう花様の
文章に刺激をいただいてます^^

投稿: 松枝 | 2014年8月16日 (土) 00:35

松枝さん、おはようございます(*^-^)
そうですよね、やっぱり当事者の気持ちが一番重要ですものね!

親としてはとにかく子どもが幸せになってくれさえすれば、それ以上のことはありませんものね!

お盆休みの後は、疲れが出やすいようなので、くれぐれもご用心!(o^-^o)

投稿: さんとう花 | 2014年8月16日 (土) 09:20

この記事へのコメントは終了しました。

« U2 | トップページ | 天上の青 »