« 着信あり | トップページ | 悔いの色 »

2014年10月25日 (土)

きなこ棒

今は亡き明治生まれのおばあちゃんのお宅へ遊びに行くと、おやつに出されるのは、かりんとうだったり羊羹だったり、あるいは干し芋でした。
私は子どもながらに、「おばあちゃんは年寄りだから、ケーキやプリンなんかは食べないんだな」と思いました。
ある意味、仕方のないことなのだと思っていました。

人間というのは大人になるにつれ、思考が成長し、それまでとんがっていた人なんかは「丸くなったね」などと言われたりもしますが、味覚も変わるものなのですね。
いつのころからか、妙におばあちゃんちで食べさせてもらったおやつがおいしく感じるようになったのです。
もちろん、ケーキなどの洋菓子だって大好きです。
けれど、小さいころ近所の駄菓子屋で買った素朴な味が、今の年齢になって「おいしい」と感じるようになったのは、不思議なことです。
「なつかしいなぁ」と思って食べることは、これまでも何度かあったのですよ。
それが、「おいしいなぁ」と感じるまでになった自分は、やっぱり年を取ったという証拠かもしれませんね、、、
若い人でも、ヘルシー嗜好でわざと和菓子を好む方もおられると思いますが、私の世代がほっこりするような感覚でいただくのとは、ちょっと違うような気もします。

近所のスーパーで買って来たのは“きなこ棒”です。
きな粉と黒蜜を練り込んだだけの、素朴な風味なのですが、これがまたおいしいのです。
ちょっと何かつまみたいなぁと思った時、このきなこ棒をお茶といっしょにいくつか食べるとお腹が膨れて満足します。
カロリーも高くないし、私みたいに悪玉コレステロール値を気にされている女性の方々におすすめです。

パッケージに「保存料や着色料など一切使用していない」という一文が印刷されているのが嬉しい。
安心して食べられる駄菓子なのです。
ちなみにこのお菓子を製造しているのは、東京都荒川区にある鈴ノ屋さんという会社です。
他にもきっときなこ棒を作っている会社はあると思いますが、私が近所のスーパーで必ず買うのは、鈴ノ屋さんのきなこ棒です。
一袋に10本入で、¥108だったと思います。
こんなにリーズナブルな価格でおいしい駄菓子を提供してくれてありがとう!と、この場をお借りして御礼申し上げます。

|

« 着信あり | トップページ | 悔いの色 »

コメント

こんばんは

「きなこ棒」
近くのスーパーで売っていたので
購入しました!
(108円でした)

都電のイラストがかわいらしいです

小さいのにひとつひとつ
パッケージされているから
衛生的ですね^^

置いておいたら
子どもたちに食べられてしまいました(涙)

投稿: 松枝 | 2014年11月 2日 (日) 19:33

おはようございます!

そちらでもきなこ棒を売ってましたか?!
素朴なお味で何とも言えない郷愁(?)を感じますよね(^_-)-☆

子どもさんたちに食べられてしまったのはちょっぴり残念でしたね(笑)

先日、きなこ飴というこれまた昭和な駄菓子を買って食べてみました。
素朴で懐かしい味がしましたヨ(o^-^o)

いつも書き込みをありがとうございます(*^-^)

投稿: さんとう花 | 2014年11月 3日 (月) 09:11

この記事へのコメントは終了しました。

« 着信あり | トップページ | 悔いの色 »