« コメントのお返事 | トップページ | 大人のための残酷童話 »

2014年11月11日 (火)

疲れた社員たち

一週間ぐらい前からココログのコメント欄に書き込みをするのが困難になっています。
管理者の私がコメントを書くことができないって、一体どうして?!
近日中にサポートセンターに電話して相談してみようと思っているのですが、昨日電話してみたところ、なかなかつながらないのですよ、、、(涙)
5~10分ぐらいなら待ってみるのですが、それ以上となるとさすがに面倒くさくなってしまい、結局つながらないまま電話を切ってしまいました。

こちらのブログに度々コメントを寄せていただいている松枝さん、本当にごめんなさいね!
せっかくお返事を書こうと思ってもコメント欄に書いた文章がぜ~んぜん反映されずに消えてしまうんですよ、、、(涙)
丹羽文雄の小説に興味を持っていただいたようで、大変うれしいです!
勝目梓の『小説家』も私小説なのですが、なかなかですよ(^_-)-☆
この二人、松枝さんのおっしゃるとおり共通性があるかもしれませんね!

さて、最近どうも疲れが溜まっています。
仕事は肉体労働ではないのですが、メンタル面で疲弊してしまい、自分の気力を真っ直ぐに保っておくのがおっくうです。
生きていれば様々な問題に直面するのは当然のことながら、ふだんならさして気にしないことでも、積み重なって来ると堪えます。

そんな中、タイトルを見て思わず購入してしまいました。
『疲れた社員たち』という短篇集です。
著者は眉村卓で、もともとSF作家としてデビューを果たしています。
代表作に『ねらわれた学園』などがあり、もう30年以上も前に映画化され、話題にもなりました。
阪大の経済学文を卒業しており、作家になる前は長らくサラリーマン生活を送っていたようです。

『疲れた社員たち』は、8作品のショートショートがおさめられていて、どれもサラリーマンを描いたものなのです。
不思議な作品ばかりで、背中がゾクゾクするようなラストが多いのですが、私は大好きです。

中でもとくに気に入ったのが、『ふさわしい職業』です。
この作品は近い将来、必ずや起こり得る状況のような気がして、読後は妙な焦燥感に襲われました。
あらすじは次のとおり。

50歳を過ぎた瀬木は、体調不良のため病院の診察を受けた。
精密検査の必要があると言われ、大学病院への紹介状を書いてもらった。
大学時代の友人が勤務する病院に出向き検査を受けると、悪い想像が当たり、かなり状態が良くないようだった。
手術を勧める友人だが、おかしなことをつけ加えた。
「手術には全力をつくすが、仮に結果が良くなかった場合、未来の医学に任せるための処置を許してほしい」とのこと。
つまり、現代の医学ではどうすることもできなくとも、未来の医学ならば病気を治せるかもしれないというのだ。
その場合、瀬木の身体を低温で保存し、未来の医学に委ねるというものであった。
結局、瀬木は友人の説得に応じ、書類にサインした。
そしてその後、瀬木は目覚めた。
だが現代ではなかった。
瀬木にとってはなんと、50年後の近未来の世界で目覚めたのである。

この作品を読んでいてヒヤリとしたのは、せっかく50年後に生き返った瀬木が未来の人間に、「あなたの使い道がないか、考えている」と言われてしまうシーンです。
思考が50年前のままの瀬木にとって、近未来は何もかもが未知の世界なので、どうやって生きていけば良いのかも分からない。
もしもその世界で役に立たず、不要な人物だと認定されてしまうと、再び生命停止の状態にさせられてしまうというのです。
つまり、殺されるわけではないのですが、社会に不要な存在ならば、その人間が必要な状況が来るまで眠らされてしまうというものなのです。
ある意味、究極の合理主義ではありますが、とても恐怖です。

『ふさわしい職業』は、近未来小説でありながら、一方で現代社会を風刺した作品のようでもあります。
わずかな時間で読了できることもあるので、お昼休憩やアフター5のひと時にお勧めです。

『疲れた社員たち』眉村卓・著

|

« コメントのお返事 | トップページ | 大人のための残酷童話 »

コメント

こんばんは

お疲れ様です~
僕は普通にコメントできているので
もしかしたらPCに問題発生かもしれません

僕の方は一向に気にしておりませんので
どうぞ気を長くお持ちください(笑)


>メンタル面で疲弊してしまい、
自分の気力を真っ直ぐに保っておくのがおっくうです。


自覚されているだけ、恢復は早いと思います

僕も仕事がデスクワークですので
くだらない塵が心に溜まっているのが分かります

昔は「エイッ!」と休暇を取って
旅行に出掛けたりしましたが
最近はなかなか…(涙)

さんとう花さんも
リフレッシュされてください!

投稿: 松枝 | 2014年11月11日 (火) 20:02

こんばんはヽ(´▽`)/

コメント欄に書いた内容が反映できず、ろくにお返事もできず、本当にすみませんでした
今回、再び書き込みをしてみようと、このコメント欄に文面を入力してみましたが、ちゃんと反映されるのか本当に心配でたまりません(ρ_;)

年末が近づき、心身ともに疲労が蓄積しているので、休暇を利用してリフレッシュしようと考えています!
こういうことは思い切って実行しないと、なかなか重い腰をあげられないので、有給休暇を取ろうかと考えています。

いつも書き込みをありがとうございます!!

投稿: さんとう花 | 2014年11月15日 (土) 17:42

この記事へのコメントは終了しました。

« コメントのお返事 | トップページ | 大人のための残酷童話 »