« 大本山方広寺 | トップページ | 自分探しと楽しさについて »

2015年2月 2日 (月)

プティ デリス

おしゃべり友だちのSさんが、久しぶりにメールをくれました。

「フランス人パティシエのお店を見つけました! お茶しませんか?」

そりゃもう私は二つ返事で「ぜひぜひ」と、返信を送りました。
このお店は度々職場でも話題にのぼっていました。
ですが、車に乗らない私にはちょっと遠くにあって、気軽に出向くことができなかったのです。

フランス菓子プティデリスは、市内浜北区にあり、二俣街道沿いで、赤に近い朱色の壁面が目印のケーキ屋さんです。
2月1日(日)、Sさんの運転する車に乗り、出かけたところ、もう店内は女性客でいっぱい!
バレンタインデーも近いことだし、奮発してフランス人パティシエの作ったチョコを購入して行くお客さんも、きっといたに違いありません。

店内にはイート・イン・スペースもあり、私たちはその場でお茶することにしました。
鮮やかで色とりどりのケーキを前に、どうしようかと悩んでいると、Sさんは「私、コレに決めた」と言って、“オペラ”というケーキを指さしました。
見ると、小ぶりで正方形のチョコレートケーキでした。
真ん中にちょこんと乗っている金箔(?)がアクセントになっていて、とても存在感のあるケーキなのです。

私は結局、スタンダードに“モンブラン”にしました。
どこのケーキ屋さんに行っても、私は必ず“モンブラン”から入るのです(笑)
飲み物はケニア(紅茶)をいただきました。

私は決して味にはうるさい方ではないので、何でも美味しくいただくことができます。
しかし、モンブランに関して言うと、もっと栗の風味を前面に押し出してもいいような気がしました。
クリームもあっさりした滑らかさで、くどくなく、ある意味、パンチに欠けるかもしれません。
とはいえ、充分に美味しいですよ♪
モンブランのクリームを支えている底板は、タルト生地でしょうか。
厚みがあって、しっかりとした硬さ。
フォークを刺してもなかなか亀裂が入らないような、歯ごたえのある生地でした。
あとあと考えてみたら、今の季節はイチゴを使ったケーキをチョイスすべきだったかもしれません。
今度は季節感のあるケーキをいただいてみようかと思います。

Sさんは“オペラ”を絶賛し、他にも食べたいケーキがあったようで、いくつかテイク・アウトしました。
私も負けじと、ショーケースの上に乗っていたシュケット(1個¥54)をテイクアウト。
これはシュークリームの、クリームの入っていない皮だけのお菓子なのですが、サクサクした砂糖の食感が良く、とても美味しかったです!
ちなみにモンブランは¥378。

こちらはとても雰囲気の良い、女性のお客さんが絶え間なく出入りする人気のお店でした。
明るい笑顔の店員さんも良かったです!
スイーツに目のない方、ぜひお出かけ下さい(◎´∀`)ノ

|

« 大本山方広寺 | トップページ | 自分探しと楽しさについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大本山方広寺 | トップページ | 自分探しと楽しさについて »