« 2015年5月 | トップページ | 2016年4月 »

2015年8月30日 (日)

高尾山へ

久しぶりの遠出にハラハラドキドキ。
やっと念願の高尾山へ出向くことができました!
新宿から京王線を利用して約1時間。
高尾山口駅に到着。
8月28日(金)の朝の話です。
この日はあいにくの雨模様。
新宿では曇っていたものの降ってはいませんでしたが、高尾山は薄い霧に包まれており、しとしと霧雨に見舞われました。
自分に甘い私めは、雨の中を登山する勇気はなく、当たり前のようにケーブルカーを利用しました。
日本一という急勾配にも魅力を感じましたが、ケーブルカーに乗るなんて、もう何年ぶりのことでしょう?!
利用客をキョロキョロと眺めていると、一組の若いカップルが親しげにおしゃべりをしています。
女性の方は、可愛いワンピースに少しだけヒールのある靴をはいています。
そういう服装でもまったく問題なく行ける山なので、本当にありがたいことです。
私が目指したのは高尾山薬王院です。
ご本尊は飯縄大権現(いづなだいごんげん)。
すでに成田山新勝寺と川崎大師平間寺はお参り済みなので、高尾山に出向くことで関東三大本山をクリアすることができました!
そうこうしているうちに、いよいよ雨脚が強くなり、このままだと風邪をひきそうだと思ったので、準備をして来たポンチョをかぶり、のそのそと引き返しました。
8月とは思えないような肌寒さで、何かあったかいものでも食べたいなぁと思いつつ、ケーブルカー乗り場まで戻って来ると、ガイドブックに載っていた“天狗焼”を発見!
1個¥120。
その場でできたてホヤホヤの天狗焼を買って頬張りました。
外側はカリカリ、中は黒豆の餡がゴロゴロ入っていて芳ばしい!
空きっ腹のせいか、よけいに美味しく感じました。
私がパクパク食べている姿は、ちょっとしたサクラ(?)になったようで、後から来たオバちゃんたちも次から次へと天狗焼を購入。
ケーブルカーが出発するまでの間、良い時間つぶしになりました。
ガイドブックにあった“たこ杉”や“男坂”“女坂”樹齢700年の杉並木も一通り見たり歩いたりして来ましたが、高尾山は完全に観光地として整備されているので、気軽に行ける自然公園的なところです。
ケーブルカーやリフトなどを使わず、自分の足で登りたいという方には、そこそこ楽しめるハイキングルートもちゃんとあります。
さすがはミシュランが選んだ三ツ星観光地のことだけはあって、ここが東京なのだということをすっかり忘れてしまいそうな自然美ゆたかなところでした。
蛇足ですが、お土産はみなさんどんなものを買われて帰るのでしょうか?
“天狗の鼻クソ”というお菓子が並んでいましたが、あれはウケねらいですかね?(笑)

| | コメント (2)

« 2015年5月 | トップページ | 2016年4月 »