2016年6月 4日 (土)

パセノールドリンク

四十代も半ばになると、身体的にも精神的にもあれこれ悩みが増えて来ます。
精神的なものは、自分なりにガス抜きをしながら上手く処理していくしかありません。
でも、身体的なものは、加齢とともに逃れられるものではなく、向き合っていかねばなりません。

そんな中、私は近所の公園の外周を3周するウォーキングを、週に2回ほと頑張っています。
その距離だいたい2㎞ぐらいです。
本当はもっと頑張りたいところなのですが、ムリしても長続きしなければ意味がないので、まずはこの距離を継続していこうと思います。

とはいえ、体の内側からも何か試せないかと。
なぜかと言うと、深い意味などあるはずもなく、単に健康食品(ドリンクも含む)大好きだからなのです。
これまでもいろいろ試してみました。なので森永製菓の「パセノールドリンク」に手を出すのに何の抵抗もありませんでした。

キャッチコピーは、

「年齢と戦うあなたに、若さを保つ森永製菓の新世代ポリフェノール」

なんか、カッコイイ。
成分をご紹介しますと、パッションフルーツ果汁、エリストリトール、パッションフルーツ種子エキス、砂糖、りんご酢、他いろいろ。
味はスッキリとした甘さ。
りんご風味のお酢みたいな感じ。
とても飲みやすいです。
効能は、年齢によるたるみ、くすみ、ぐったり等のエイジングサインを抑えるとのこと。

チラシを見たら、モニターさん絶賛の感想が寄せられていました。

「パセノールと出合う1カ月前と比べると、自分では5歳くらい若くなったような感じがしています」(I.Sさん38歳)
「パセノール夜飲むと、朝起きたときから、調子良いーって感じで、1日元気に動けるんです」(K.Mさん46歳)

ふむふむ、なるほど。
私が注文したのは初回限定125ml 12本入¥1000(送料無料)です。
今のところ6本飲み終わっていますが、これと言った効果は見られません。
でもおそらくきっと、毎日1本ずつ飲み続けていくことで、みるみるうちに美容や健康に改善が見られるようになるのかも?!

嬉しいのは脂質ゼロ、カロリーもたったの15kcalという低カロリードリンクであること。
森永が8年の歳月をかけて開発したというのだから、悪かろうはずがありません!
ちなみに主成分として使われているパッションフルーツとは何か。
これは南米原産の果物です。
17世紀のヨーロッパでは、葉や花が良質な眠りをもたらすハーブとして使われていたこともあるそうです。

通販限定とのことなので、興味のある方は「森永製菓」「天使の健康」で検索してみて下さい。
尚、12本入¥1000で購入できるのは最初だけで、実際はもっと高価な美容ドリンクなので、ご承知おきを。


*追記
上記の記事を書いてすでに4日が経ち、計10本を飲用しました。
気のせいか、肌に弾力が出て来ました!
洗顔の際、なにやらプルプルとした手触りなのです!
これって実はスゴイ美容ドリンクかも、と思って再度チラシを読み直してしまいました。

1ケース24本入でお値段¥4860(通常価格)

やっぱりちょっと考えちゃうなぁ・・・

| | コメント (2)

2014年6月13日 (金)

アスパラドリンクDX

現代人は皆、疲れているとつくづく思います。
もちろん、昔の人だって何かと忙しく、疲れていたことでしょう。
でも、何と言うか、その疲れの質が昔とは違うような気がするのです。
「最近の若者は辛抱強くない」とか「甘え過ぎだ」とか「主張ばかりする」などと、年配の方々のおっしゃることも、ごもっともだとは思いますが、おそらくきっと“昔の若者”も同じことを言われて年を経たのだと思います。

私の同級生(40代女性)を念頭に置いた時、既婚者のうち、仕事をしていない専業主婦は0人です。
家のローンを払い、夫婦の車2台分の維持費と、子どもの教育費などを合算すると、とうていご主人の給料だけではやっていけないという状況なのだとか。
生活が苦しいなら、苦しいなりに生活レベルを下げれば良いではないかというご意見もあろうかと思いますが、それがなかなか簡単にはできず、結局、頑張ってお金を稼ぐという歯車に乗っかってしまうわけです。
それが良いのか悪いのかは分かりませんが、右を見ても左を見ても似たような状況ならば、「ま、こんなものか」とあきらめて、夫婦共働きにあまんじるのです。(少なくとも友人の一人は専業主婦に憧れているのですが、叶わぬ夢だとあきらめています。)

昔と違って、現代は空前の情報化社会。
不要な情報もあれこれ耳に入って来るので大変です。
受験生を抱える友人などは、そんなつもりもなかったのに、子どもを塾に入れることになったとか。

「え? 受験生なのに、今どき塾に入れてないの? 信じられない」

と、ママ友の一人に言われ、ショックを受け、慌てて入塾させたとのこと。
言うまでもなく、夏期講習の申し込みもせざるを得なかったと。

本来なら、“我が道をゆく”という精神で、他人は他人、自分は自分と、割り切って物事を考えられれば問題ないのですが、現代はそうもいかず、「あの人、空気読めない」とか「ありえないし」などの他人の評価、つまり干渉がイヤでもまとわりついて来るため、自己流を通すのがなかなか難しいのが現実です。

そんな疲れた友人を持つ私としては、無責任なことも言えないので、ただもう疲労回復に効果のある、アスパラドリンクを飲むようにおすすめしました!

実際、私もささいなことで気に病んだり、睡眠不足で疲労がピークに達している時があります。
そんな時、気晴らしに職場の自販機(ダイドー)で扱っているアスパラドリンク(¥130)を飲むと、なんだかシャキーンとなる(?)ような気がします。
これがまた美味しいのです!
ぜんぜん薬品っぽい感じではなく、スッキリとした甘さでクセになります。
製造販売元は、田辺三菱製薬です。
タウリン1500㎎、アスパラギン酸カリウム・マグネシウム配合のアスパラドリンクDX。

疲れているみなさんにおすすめです。
気分転換にもどうぞ!ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

メタバリア。

年末年始は、甘い和菓子にどっぷりと浸かってしまいました。
なにしろ、あんこのたっぷり入った和菓子には目がなく、きちんと食事を摂った後でも平気でペロリと平らげてしまうほどです。
ハッキリ言って、おせち料理なんか、栗きんとんしか興味がありません。
かまぼこやら筑前煮やら伊達巻なんか、私にとってはおまけみたいなものなのです。
栗きんとんを引き立たせるための演出とでも申しましょうか。
もっと言うなら、お刺身のつまみたいなものです。
そのせいか、いつもおせち料理は栗きんとんばかり先になくなり、筑前煮なんか一週間ぐらい経ってもまだ残っているような状態なのです。

そこで今年のおせち料理は、栗きんとんだけ買いました!!
これで他の料理が傷まずに済みます、はい。

そんな私にも悩みが・・・。
甘い物は好きだけど、運動はあんまり好きではないのです。
とくにこの時期は寒いし、ジョギングなんか絶対にイヤです。
だけどこれじゃあ食生活も偏りがちで、健康に自信が持てません。
若いころならいざ知らず、39歳の私にとって、ここからが正念場なのですよ。

そこで試してみたのが『メタバリアNEO』という健康食品です。
フジフィルムから出ている、サラシアを主成分とする新しいタイプのサプリメントとな。
サラシアというのは、糖質の吸収を抑える働きがあるというので、私みたいな甘党には打ってつけ!!
ダイエット効果に期待が持てそうだ・・・と思い、1週間分+3日分(計10日分)のトライアルパックというものを購入してみました。
送料無料の¥500ポッキリというのが嬉しいじゃありませんか。
さっそくここでは、その効果の程をご披露しましょう。

まず、率直な話、便通が良くなりました。
けっこう頻繁で困るほどです。
私はもともと便秘がちではないタイプなので、よけいお通じが良くなり過ぎてしまったのかもしれません。
嬉しかったのは(尾篭な話で恐縮ですが)、黒っぽい粘りのある便が、黄色の軽い便に変わったことです。
この変化は、食生活に偏りのある私にとって、とてもありがたいことでした。
さらに、お腹がスッとしたような爽快感のあることです。
これであとは体重さえ落ちてくれれば・・・。
しかし残念ながら、私の場合、これと言った食事制限をしていないため、体重はいっこうに落ちません(涙)
でもわずか10日間でのこの効果はスゴイかもしれません。
レギュラーボトル約30日分(240錠入り)というのが、¥4800とな。
この金額を高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれなので言及しません。

それと、これはアフェリエイト関連ではないのであしからず。
私個人の感想です。
興味のある方は、フジフィルムの『メタバリア』を検索してみて下さいね!

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

ビフィズス菌。

今年の私は何が違うと言えば、とにかく“健康”に対する意識が違いますよ。
これまでは、酒もタバコも男もやらない(?)清廉な生活を心がけて来ましたが、三十代も半ばを越えると、それだけでは充分だと言えなくなるのです。
皆さんの腸内年齢はおいくつでしょうか?
腸を守っている善玉菌の王子ビフィズス菌は、「年齢とともに毎日減少して」いるのです。
腸内を悪玉菌が巣食うと、ガンなどの成人病に侵されてしまうはめになります。

さあ、ここで生きたビフィズス菌を無事に大腸まで届ける必要が出て来ます!
(なにしろビフィズス菌はとてもデリケートな菌なので、胃酸に弱いのであります。)
私は森下仁丹の「ビフィーナ」を試してみました!
わずか1包につき1.1gの顆粒を水などで飲むだけで腸内はビフィズス菌が潤うというわけなのです。
味はまるでジューシーラムネを顆粒にしたようなおいしさです。
さて気になるお値段は??

ビフィーナR(レギュラー)1箱¥4200 (60包入り)です。

いつだったか我が友人K美さんが「酢大豆がイイ」などとうそぶいていた記憶がありますが、正直、毎日続けられるようなしろものではありませんでした。
健康を維持するには、やはり継続できるものでなくちゃ、うん。

この記事を通り過ぎていく方々に誤解のないよう断っておきたいのですが、アフェリエイトとは無関係です。
森下仁丹の宣伝ではありませんので、あしからず。

| | コメント (2)

2008年4月12日 (土)

リターン・トゥ・青汁。

毎日の食生活がこれほどだらしないと、天国の両親もさぞ心配でならないでしょう。
朝はご飯にお味噌汁なのでまだ良い。
お昼はカップ麺かお茶漬け。(職場から我が家へいったん帰宅してからの食事なので、なるべく手軽なモノ)
夕飯は菓子パンにカップスープ、それにスナック菓子。デザートはアイス。

「こんな食生活では野菜が不足し過ぎている!」

私は一念発起。2年前に挫折した青汁を再びチャレンジしてみることにしました。
あの時は、某メーカーのあまりの口当たりの悪さが災いしたのです。
今回は大丈夫です、はい。

TVでおなじみのアサヒ緑健の緑効青汁!

これならいけますよ、ええ、絶対。
「カラダが欲しがる栄養素が含まれて」いるのですから。
サンプルをいただいて試飲してみましたが、実においしい!
水道水に青汁の粉末を溶かして飲むだけなので、簡単、お手軽!
さぁ気になるお値段は??

1箱¥9765(90袋入り)です。

このお値段、高いと感じるか安いと感じるか・・・!?
それはあなたしだいなのです。
ちなみに私は・・・目下、検討中です、はい(汗)

| | コメント (0)