2009年5月16日 (土)

さびしいとき。

長いG.W.も、つかの間の癒しと安らぎの中に、儚く過去のものとなってしまいました。
生活に追われているのが幸いして、五月病にかかることもなく、すでに5月も半ばを過ぎようとしています。

毎年の恒例となりつつありますが、14日の誕生日には、カフェ&ケーキのお店でイチゴのタルトをテイクアウトしました。
本来ならお店のオリジナルコーヒーといっしょにいただいて、まったりとしたひと時を過ごすはずなのですが、いかんせん人気店なので、空席がありませんでした。(涙)
でも我が家の居間でインスタントコーヒーとともにいただくイチゴのタルトも、なかなかオツなものです。

南側の窓から入る、やわらかな5月の陽射しと、初夏の香りを運ぶそよ風。
時折、年端もいかない幼児たちが、キャッキャッと仔猿がじゃれ合うように、路地裏で遊ぶ声が通り過ぎていくのです。
そんな日常に身を投じていると、ふと寂しくなってしまう時があります。
それは、とても漠然としていて、理由などありません。
これまでずっとこんな生活を送って来たわけで、今さらどうして・・・と、我ながら不思議に感じてしまいます。
誰かに寂しさを伝えることもできず、「ま、こんなものよ」とあきらめていたところ、一枚のフォトカードが届きました。
仲良しのSさんから。
Sさんは事あるごとにハガキを送ってくれるのです。
今回の写真は・・・路地から覗く、お地蔵さま。
わずかに傾げたお顔が何とも愛くるしく、微笑んでいるのです。
何気ない日常の一コマ。
衒いがなくて、穏やかで、そして存在感があるのです。

私はこのハガキをひと目見るやいなや、金子みすゞの詩を思い出しました。
そして、ひとまず元気を出そうと思いました。

さびしいとき

わたしがさびしいときに、
よその人は知らないの。

わたしがさびしいときに、
お友だちは笑ふの。

わたしがさびしいときに、
お母さんはやさしいの。

わたしがさびしいときに、
佛さまはさびしいの。

(金子みすゞ・詩集より)

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

花のたましい。

先日友人が春の訪れをフォトカードにして送ってくれました。
それはいちめんの菜の花畑。
風に乗って、まるで景色の中を泳いでいるような気持ちになるほどでした。
友人はそこに中原中也の詩を添えてくれました。
何か、現実と虚構の狭間をゆらゆらと漂うような、あるいは、感情が肉体から離れて言葉が辺りをさまようような、そんな積極的な孤独を呼び覚ます内容のものでした。
私は友人が撮影した春のたおやかな一場の中に、孤独というよりはやさしさ、慈悲の心を見たような気がしました。
そのせいか、中原中也も良いのですが、金子みすゞの詩を思い起こしてしまいました。

散ったお花のたましいは
み仏さまの花ぞのに
ひとつ残らず生まれるの。
だって、お花はやさしくて、
おてんとさまが呼ぶときに、
ぱっとひらいて、ほほえんで、
蝶々にあまい蜜をやり、
人にゃ匂いをみなくれて
風がおいでとよぶときに、
やはりすなおについてゆき、
なきがらさえも、ままごとの
御飯になってくれるから。

(「花のたましい」より金子みすゞ・詩)

菜の花畑のフォトカードは、我が家の居間におだやかな春の風を運んでくれるのです。

| | コメント (0)

2006年8月27日 (日)

願いを叶える者。

ボク自転車が欲しいの。
自転車に乗ってあっちこっち乗り回したいんだ。
もうおかあちゃんの自転車の後ろじゃあ
キツイし、恥ずかしいから。

クリスマスに買ってもらった自転車。
やっと、やっと買ってもらったよ。
少し大きめだけど、
すぐに慣れると思うよ。

ボクの願いが一つ叶った。

ボク、ゲームが欲しいの。
友だちがみんな持っているし、楽しそうなんだ。
でもおかあちゃんは「高くて買えないよ」って言う。
我慢するしかないよね。

おにいちゃんがゲームを買ってくれた!
任天堂のDS、ボクが一番欲しかったやつ。
やり方が分からなくてちんぷんかんぷん。
やっぱり買わない方が良かったのかな?

でもボクの願いが一つ叶った。

ボク、キャンプへ行ってみたいの。
外でみんなでごはん食べたり、
テントの中で寝たりするんだよ。
お店とかのない山や森で。

しょうたくんのおかあさんがつれて行ってくれるって!
ねぇ、いいでしょ?いいでしょ!?
お米一合、ハンカチ、ティッシュ、水筒、帽子、着替え、洗面用具、
リュックに入れて持っていくの。

ボクの願いが一つ叶うよ。

ボクお祭りのお囃子やってみたいの。
山車に乗って、道路の真ん中を進んでみたいんだ。
みんなが山車を引っ張っている間に
一生懸命お囃子をやって盛り上げるの。

お囃子で小太鼓叩いているとき、緊張しちゃった。
山車に乗ってるからラクチンだけど。
ボクらが通るとき、車もバイクもみんなが避けてくれるんだ。
お殿様みたいな気分。

ああ、ボクの願いがまた一つ叶った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)