2007年4月20日 (金)

武田信玄。

鞭声粛々夜河を過る
暁に見る千兵の大牙を擁するを
遺恨なり十年一剣を磨く
流星光底長蛇を逸つす
(頼山陽)

人生とは闘いなのかな、と脳裏を過ることがあります。
平穏無事に生活していくことが望ましいけれど、それほど甘い道程ではないのです。
両親の存命中は、人生の何たるかなんて考えもしなかったけれど、自分が自分の足だけでふんばらねばならなくなった時、その意味とか意義を否が応でも考えずにはいられなくなりました。
世の中というのは自分だけの都合では回らない。
また、自分だけの意思ではどうしようもできないことが多々あります。
「これで完璧だ」と思って計画し期待していたこともことごとく打ち砕かれ、他者の非情な拒否を目の当たりにすることもあります。
ではそんな時、一体どうしたら良いのでしょうか?
これも一筋縄ではいかず、a+b=cという具合にスマートな解答はありません。
ただ私は、北信濃の支配権を巡る武田信玄率いる甲軍と上杉謙信率いる越軍の「川中島の戦い」を思い出すのです。

私の愛読書の中に新田次郎の「武田信玄」があります。
「人生とは闘いだ」と自己陶酔していつの間にか本当の辛さも忘れてしまうほどになるのは、この著書にある川中島合戦シーンを幾度となく読むことで、そこから熱く漲る命がけの精神、躍動感を分け与えてもらっているからかもしれません。

著者の新田次郎は長野県諏訪市出身で、電気通信大学を卒業しています。妻は作家の藤原ていです。気象庁に入庁し、公務員勤めをしながらの文筆活動を続けます。
「強力伝」で第三十四回直木賞を受賞しています。
主な著書に「八甲田山死の彷徨」等の山岳小説があります。
「川中島の合戦」は数回に渡ってくり広げられますが、特に激戦だったのが4回目の戦いです。
川中島一帯を包む深い霧。
夜陰に乗じて越軍はひたひたと甲軍の本隊に近付いて来るのです。
一寸先も見えぬ霧がやがて晴れた時、いるはずのない越軍が眼前に布陣。武田軍は愕然とするのです。
上杉謙信は、猛将、柿崎景家を先鋒に「車懸りの陣」、対する武田信玄は「鶴翼の陣」にて応戦。
この息を呑む戦いに胸を躍らせて読み耽ってしまうのです。
後年の史実には、川中島の合戦は武田軍の勝利とする見方が多いのですが、この戦いで信玄は頭脳明晰にして信玄の右腕とも称された弟、典厩信繁、それに軍師山本勘助らが討死するという大きな代償を払うことになってしまいました。

今でこそ日本は国内紛争もなく安穏とした生活を送ることが出来ますが、私たちはいつだって社会的なストレスに晒されて生きているのです。
命を脅かされることはなくとも、日々心を脅かされ、幾度となく闘いを挑まねばならないのです。
それは、川中島の合戦にて対決した武田と上杉にも匹敵する、激しく厳しい長期的な闘いなのです。

「人生とは自分との闘い」なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

泣いて馬謖を斬る。

学生時代、中国古典に詳しい教授がいました。
その先生は法家の韓非子に心酔し、自分もかくありたいと大学の法学部に進んだのだそうです。
私の専攻は英文学でしたが、選択科目として週に2回だけの法学の講義が待ち遠しくて仕方がありませんでした。
社会に法のある理由、法のない社会はどうなってしまうのか、果ては人間の本質とは実のところどんなものなのか。
先生の講義は、私の興味を惹きつけて止みませんでした。
講義が終ると早速先生のところへ行き、他の女子学生に交じって楽しく歓談したのです。
その際、今でも印象に残っている話題なのですが、「三国志」の<泣いて馬謖を斬る>の件についてです。これは、三国志を通読したことのある人ではないと分からない場面かもしれません。

蜀の軍師諸葛孔明は北伐に挑んでいたが、孔明の助言を軽んじた部下達の失策により情勢は思わしくなかった。
漢中の急所である街亭を敵に奪われたら蜀軍は総崩れになってしまうことは明らかだった。
孔明は何としても街亭を死守する必要があった。
「それがしが参りましょう。」
と、申し出たのは名将馬謖だった。
この時、孔明の配下には豪傑と謳われた関羽も張飛もすでにいない。
若き馬謖に不安は覚えるものの、採用するしかなかったのだ。
「仲達は尋常の男ではない。おぬしで守れるか?」
「何を恐れましょう。もし失敗があれば一家ことごとく打ち首でも構いません。」
孔明はその言葉に胸騒ぎを覚えたものの、馬謖のたっての願いを聞き入れてしまう。
「ならば、行け。」
結局、孔明は二万五千の精兵と、万事に慎重な王平を副将として馬謖に与え、街亭を当たらせることにした。
馬謖は街亭に到着するやいなやその地勢を眺めてからからと笑った。
「わしは幼少のころから兵書を熟読し、兵法はいささか心得ている。丞相(孔明)がおおせの道の口は陣を張る場所ではない。あの山の上に陣を敷こう。」
策士、策に溺れるとは言ったものだ。馬謖は副将の王平が止めるのも聞かず、また孔明から授けられた策をも無視し、独断に任せて山上に陣を取ってしまったのだ。
敵の仲達はその様子を見て手を打って喜び、
「天が我が成功を助けたもうたのだ!」
と言うや、自ら大軍を率いて進撃して来た。
馬謖のいる山は敵軍に包囲され、水、食糧を絶たれ、陣中は混乱を極めた。馬謖の大敗であった。
死に物狂いで馬謖は山を駆け下り、九死に一生を得たものの、漢中に戻って自ら縄にかかって孔明の前に跪いた。
「軍律通り、処刑に致す。」
孔明は首を打てと厳しく言い渡した。その孔明の横顔には、一筋の涙が垂れていた。

学生時代、この場面についてはさすがの孔明びいきの私でさえ納得がいきませんでした。名将馬謖を一度の失敗にむざむざ死刑にしたのは余りに冷酷な判断ではなかったかと。けれど法学の先生は、
「孔明の判断で間違いないよ。」
と言いました。
法をおろそかにすることの危険性、私情を差し挟むことの愚かさを説明してもらいました。法によって社会の秩序が保たれていることを、改めて実感した私なのでした。

勝ちを天下に制する者は法を用うること明らかなるに依る
(孫子より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

三顧の礼。

私が小学校6年生の時、毎週(土)の夕方6時からNHK人形劇三国志が放送されていました。
何がきっかけで観るようになったのかは覚えていませんが、気付いた時は三国志の世界観にどっぷりと浸かっていました。
学校の図書室で借りた岩波少年文庫の「三国志・上・中・下」の3巻を読むために、親には「風邪をひいた」と嘘をつき、ズル休みまでした覚えがあるほどです。(笑)
それぐらい夢中になって読んだ本というのは、後にも先にも「三国志」だけかもしれません。
その後、吉川英治の「三国志」も読みましたが、小、中学生用に簡潔に分かり易く書かれた岩波少年文庫のそれとは違い、夢とロマンを感じさせる壮大なスケールの物語に形を変えていました。
「三国志」とはそのタイトル通り、中国が三つの国に分かれて争う物語です。
まず物語前半の山場となるのは、100年に一人の大天才と謳われた諸葛孔明を幕下に加えようと、劉備玄徳が三度孔明の草廬を訪れる件です。これが有名な「三顧の礼」です。
この時孔明は弱冠二十七歳。二十歳も年長の玄徳が、この若き戦術家に頭を下げ続けるのです。と言うのも、玄徳には天下無敵の豪傑と謳われた関羽、張飛という義弟に恵まれていましたが、その一方でそれら名将を上手に操り、戦いの指揮を執る軍師が欠けていたのです。天文、地理に通じ、超人的な智謀を持つ孔明は、天下統一を計る玄徳にとっては何が何でも必要な人材だったのです。
しかし、孔明という逸材をそう易々とは幕下に加えることは出来なかったのです。
一度目も二度目も対面することが出来ず空しく帰路につき、それでもあきらめず三度も草深い隆中の臥龍岡へ赴くことでやっと孔明と対面することが出来たのです。この時の玄徳のこみ上げる嬉しさ、湧き上がる感動を想像すると、こちらまで胸が熱くなってしまうのです。
私などいつもあきらめの胸中から脱却出来ず、「根気」とか「努力」という言葉には無縁の生活を送っています。
何か一つのことにこだわるというのは、ある意味疲れることでもあるからです。
倒れても倒れても起き上がる強靭な精神力。心を揺さぶる崇高な情熱。礼を尽くした真摯な態度。今の私に微塵も感じられないものばかりです。
あきらめの人生では手中に得るものも得られずじまいになってしまいます。
努力を惜しまず、雨にも風にも負けない強さを獲得したいものです。そうすれば、もしかしたら玄徳が孔明を得たのと同じように、私にも特別な何かを得られるチャンスが廻って来るかもしれません。

「我の孔明あるはあたかも魚の水あるが如し」
(水魚の交わり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)